医師転職相談センター

入社前の情報収集が足りなかった…という後悔!

(公開: 2017年12月06日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを日常的に考えているから

転職や開業をプランニング主導で行う事ができる

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

転職や開業をして、

物凄い後悔をしている先生からお話しを伺う事があります。

 

その多くが似たような失敗要因ですので、

私などは同業者として悔しい限りでありますし、

このような失敗を防ぐ為に毎日ブログを更新し、

失敗事例のサイトや、

事例やノウハウを会員企業と共に情報発信するサイトを運営しつつも

まだまだ力不足を感じます。

 

今回はたまたまWEB上で読んだ下記について考察します。

「入社前の情報収集が足りなかった」と20代転職経験者の3人に1人が後悔

 

よって本日のブログのタイトルは、

『入社前の情報収集が足りなかった…という後悔!』といたします。

 

医師 転職 開業 後悔 失敗

 

情報収集が足りなかった!?

求人サイトで見つけた医療機関に直接問い合わせたのだが…。

紹介会社に案内してもらった求人医療機関に行ったのだが…。

紹介された医療モールに入居したのだが…。

駅前一等地だから集患はできるだろうと思って…。

良く名前を聞く会社だから大丈夫だろうと思ったのだが…。

 

はい、この先にはすべてに

もっと事前に良く調べれば良かったとか、

綿密な情報収集をすれば良かった…という後悔の言葉が続きます。

 

私どものような中小零細企業ですと、

やっぱり大手の数社に声を掛けて

どうもしっくり来なくてお越しになる先生が多いです。

うちの場合はそれか紹介で繋がるケースがほとんどです。

 

しっくり来なくて…という段階で

方向転換して私どもに声掛けしてくれた先生は

だいたいが良い方向に話しが進みます。

転職にしても開業にしてもやってる事がまるで違いますから…。

 

ところが大手や中堅どころの企業に依頼して

完全に失敗してから私どもにお越しになる先生も少なくないです。

もちろん私どもが業界の汚名返上と必死に動くのですが、

やはり傷があるのとないのでは話しが違います。

どうしても1歩遅れてしまうんですね…。

それでも何とかしますけどね…。

 

やはり最初の段階で

大手だからとか、名前をよく聞くからとか、

出入りの業者だからとか、WEBで宣伝してたからとか、

そういう安易な理由で依頼するのではなく、

慎重かつ多角的な情報収集をされた方が良いですね。

 

転職にしたって、

開業にしたって、

やっぱり大きな医師人生の転機だと思いますので…。

 

そもそも情報収集ってどうすればいいのか?

私たちの社会にインターネットが広がり、

情報は溢れんばかりに手に入りますね。

ましてや今は手の平に端末があって、

指1本でスラスラ~と情報収集できてしまいます。

 

しかしここで考えねばならないのは、

簡単に手に入る情報にはあまり価値はないという事です。

だってそれは誰にでも手に入るものですから…。

本当に有用な情報はそんな簡単に手に入りません。

 

冒頭でご紹介したサイトは、

20代の転職経験者の3人に1人が後悔しているという情報です。

若い方は情報収集に長けていそうですけど、

・情報収集が足りていなかった

・納得しないまま入社してしまった

・仕事内容・業界に引かれて入社をしてしまった

・給与や待遇に魅力を感じ入社してしまった

・企業規模やネームバリューに惹かれて入社してしまった

このような後悔をしているんですね…。

 

その中でも36.4%の方が、

情報収集が足りていなかったと後悔しているそうです。

では情報収集はどこまですれば良いのでしょうか?

 

元も子もない事を言いますが、

私は正直無理な気がしています。

 

普段から忙しくしている人が、

数週間や数か月の情報収集をしたところで、

やっぱりそれは付け焼き刃ではないでしょうか?

 

そんな簡単に情報収集ができるのならば、

誰も苦労しないと思うんですね。

こうして情報収集が足りなかったと後悔する人が多いとしても、

それは情報収集をしていなかった訳ではなく、

ある程度はしたのだけどやっぱり足りなかったという事ですね。

つまり素人が付け焼き刃で情報収集しても

結果的にはどうしても不足なんだという事です。

 

信頼できるパートナー選びが最重要!

私はこの世の中は餅は餅屋だと考えています。

専門家は最大限に利用して、

自分は自分の事に専念するのが良いと思うのです。

 

だから体調を崩せば医師に診てもらう訳ですし、

法的な問題を抱えれば弁護士に、

お金の事は銀行や証券会社、ファイナンシャルプランナーとか、

税金の事なら会計士や税理士に、

家を建てるなら建築士や設計士に、

行政の手続きは役所の窓口に、

美味しいものを食べたければ腕のいい職人に、

まさに餅は餅屋でそれぞれの専門家を頼るんだと思うのですね。

 

転職や開業の特だって専門家を頼ればいいと思います。

ただ悩ましいのは、当ブログでは再三に渡って書いておりますが、

転職の時に頼るべき医療系の紹介会社の中で

本当の意味で頼りになる所は10%程度だという事です。

これは開業に関しても同様ですね…。

 

ここを見誤ると…

今度は情報収集が足りなかったどころか、

ドツボにはまってしまうんですね…。

 

ちょっと長くなってしまいましたので、

どうやって頼るべき企業を見極めるか?については

明日のブログで書いてまいります。

 

とにかく情報収集が足りなかった…なんて事にならないように

何事も初めが肝心…。

しっかりとした準備・計画が必要ですね。

 

それでは、また…。

 

 

<情報収集について書いた過去記事もご覧下さい!>

検索でかしこく情報収集する為に…。

情報の非対称性についての考察!

転職を検討する際には求人情報よりもノウハウが必要なんです!

 

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社ホームページ

医師の情報収集のためのIBIKENサイト

医師の転職・開業コンサルタントのブログサイト

医師の求人/開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例集サイト

ジーネット公式 follow me twitter

ジーネット公式 facebookページ

 

転職・開業のお問合せはこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ