医師転職相談センター

コミュニケーションスキルの本質とは?

(公開: 2017年12月04日)

 

おはようございます。

 

医療業界と一般ビジネス社会の隔たりをなくし、

共に成長する為には何が必要かを考え続ける

ジーネット株式会社の海東謙一です。

 

医師やビジネスマン、そして小売店の店主にしても

人と相対する仕事をする中で必要となるコミュニケーションスキル。

コミュニケーションを上手く図れるかどうかで相手の反応には

天と地ほどの差が出てくると思います。

 

そこで本日のブログのタイトルは、

「コミュニケーションスキルの本質とは?」としました。

 

スキル

 

これからの時代に必要な力

人工知能が台頭していくこれからの時代。

医師の皆様にとって今以上に必要になるものとは・・・。

 

診断の正確性とか膨大な医療知識・・・う~ん。

この辺りは人工知能が得意とする所ですよね。

 

ならば機械になくて人間だからこそ持てる力。

あっ!「人を惹きつける力」なんてどうでしょうか。

 

あくまでも個人的な意見かもしれませんが、

周りから見て「あの人って面白いよね!」って思われると

男女問わず注目しませんか?

 

例えば、とある病院の院長先生は、

病院を背景にした自撮り写真を毎朝SNSに投稿されています。

 

しかも季節なんて関係無しで、

12月でもアロハシャツ姿。

「今日も張り切って診療に行ってきます~」と笑顔でコメント!

実に面白いですよね。

 

元々は新しい医師を確保する為に始められたそうですが、

こんなユニークな院長先生がいる病院なら

一緒に働いてみたいなぁって感じませんか?

 

SNSで拡散されている事を考えると、

集患にも効果があるのではないでしょうか。

 

これも人を惹きつける力の一つだと思います。

 

コミュニケーションスキルとは・・・

巷でよく聞く”コミュニケーション能力”とは

その人が元々持ち合わせている力の事なんだそうです。

 

では、”コミュニケーションスキル”との違いって?

スキルとは獲得する事が可能な力なので

自分の意識や努力次第でいくらでも身に付くもの。

 

ここで意識すべきポイントとしては・・・

先生の「喋り」を上手くするスキルではなく、

患者さんから「話しかけたくなる」ような

雰囲気作りのスキルが今後医師の皆様には

必要なんじゃないかと。

 

確かに正確な診断能力や豊富な知識を持ち合わせていれば

患者さんからの質問も多々あると思います。

ましてや、その先生にしかないスキルを持っていれば、

もっともっと患者さんからは必要とされるはずです。

 

だからこそ○○のスペシャリスト(スキル)と聞くと

遠方からも患者さんが集まってくるのではないでしょうか。

 

この「人が惹かれるスキル」こそが、

コミュニケーションスキルの本質ではないかと。

 

最後に

大切なのはギブ・アンド・テイクではなく、

ギブ・アンド・ギブの精神ではないでしょうか。

 

周りの評価が前提ではなくて、

自分が満足できる面白いことをすれば

自然と人は集まってきます。

 

人工知能には真似のできない”温かさや面白み”

生身の医師にしか持てないスキルを磨く事で

人工知能との共存もスムーズにいくのではないでしょうか。

 

それでは、また…。

 

 

<人工知能やコミュニケーションについて書いた過去ブログもご覧下さい!>

AI 人工知能 知るほどに驚きの話!

コミュニケーションが苦手という医師はどうすべきか?

知性とは何か?

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会が運営するIBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!