ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

「論文が引用されること」と「シェアされること」

(公開: 2018年02月15日)

 

おはようございます。

 

医師の人生設計をサポートする為に

転職や開業時だけでなく医師の日常を学び続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

論文を書く…。

医師の皆さんにとっては

身近な事であるでしょうが、

大学や企業で研究職をしているような方以外は

いや~大学生の時以来書いてないよ…という人が

多いのではないでしょうか?

 

よって本日のブログのタイトルは、

『「論文が引用されること」と「シェアされること」』

といたしました。

 

医師論文キャリア

 

論文が引用されるという価値

先日ある先生と打合せをしていた時に、

著名な医師の論文を読んでいたら

何と自分の論文が引用されていて

とても嬉しかったというお話しを伺いました。

 

何だかこの領域の発展に貢献できたと思うと

苦労して書いて良かったと心から思えたのだそうです。

 

な・なるほど…と言いつつも

論文からとても遠いところで仕事をするわたくし…。

わかるようでわからないと言いますが、

正直、実感としては持てない話しであります(苦笑)。

 

ただ論文が引用されるという事は、

きっと世界中の新しい発見や開発、

研究に繋がっていくのだなという事は

何となく想像がつきます。

 

論文って基本的にオープンなものなんですよね。

だからひょっとしたら世界中の人が

読んでいるかもしれません。

 

そして引用されるという事は、

書いた論文が認められたという事なんですよね。

 

何だかスゴイなあと思います。

私も論文を書いてみたくなりました…。

何を書くんでしょうね~(笑)。

 

シェアされるという価値

論文が引用されるという事と比較したら

月とスッポンかもしれませんが、

私などにとっては

SNSなどで自分が書いたブログや投稿記事が

シェアされるというのは似ているかと思います。

 

いやレベルの違いや価値の大きさの違いは

充分に理解しているのですが、

まあ私にとっては…という範疇の話しです。

 

良くも悪くもではありますが、

やっぱりシェアされるのって嬉しいものです。

人に認められる感覚というか、

人が人に広めたいと思ってもらえるのは

それだけ価値を感じでくれたという事ですもんね。

 

まあ論文ほどではないにしても…(笑)。

 

自分の成果を発表する価値

インターネットが広まり、

アクセスできる端末が小型化した事により

個人が情報を発信する事が容易になりました。

 

ひと昔前であれば、

それこそメディアにでも取り上げられない限りは

ごく普通の個人が多くの方に情報を届けるなんて

あり得なかった訳ですよね。

 

でも今は誰にでも可能になっています。

これを活用しない手はない!と私などは考えている訳ですが、

当ブログなどもそのひとつですし、

SNSを活用すれば機会はグッと広がります。

 

そうなんだけどさ…

何を発信すればいいかわからないんだよね~と

おっしゃる方も時々いらっしゃいますが、

あんまり深く考える必要はないと思います。

 

興味を持ってもらえなければ

何の反応もないだけで

別に害にはなりませんし

単に自分はこう思いますし、こう考えています、

こういう事がありましたというように、

自然体で自分のちょっとした成果を書けばいいと思います。

 

もしかしたら驚くような方が

関心を持って下さるかもしれませんし、

いつかどこかで誰かの役に立つかもしれませんしね。

 

と言う事で当ブログも継続する事で

ひょっとしたら参考にして下さる方がいるかもしれない、

価値を認めて下さりシェアしてくれる人がいるかもしれない、

そんな事を思いつつ続けております。

 

いつかどなたかの論文で引用してくれたら

超絶喜びます(笑)。

 

それでは、また…。

 

 

<勉強について書いた過去記事もご覧下さい!>

その勉強は仕事に役立つか?

目的がない勉強こそが本物だ!という仮説?

勉強の哲学 来たるべきバカのために

 

<キャリア志向を持つドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師向け情報収集お役立ちIBIKENサイト

医師の転職・開業ブログサイト

医師の求人案件、医院開業・継承物件サイト

医師の転職・開業 失敗事例おまとめサイト

ジーネット株式会社 公式twitter

ジーネット株式会社 公式facebookページ

 

転職・開業のお問合せ・ご相談はここをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ