ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

よく考えて!クリニック開業。

(公開: 2018年04月20日)

 

おはようございます。

 

この会社は、自分が望めば色々なことを吸収できる要素が沢山あるな~と
最近、シミジミと思っているジーネット株式会社の梅澤晃子です。

 

冒頭から、”どうした(;・∀・)??梅澤???”という声が聞こえてきそうですが、
ええ、現在、私どもと一緒に働いてくれる仲間?を募集しております!

 

ジーネット株式会社に興味がある方、
是非、コチラをご覧下さい(笑)

 

今回は、開業について、ちょびっと書いてみたいと思います。
本日のブログタイトルは、【よく考えて!クリニック開業】

 

医師

 

開業したいと思ったら??

医師の皆さんは、まず、何をされるのでしょうか?

・開業した友人・知人にお伺いをたてる。
・開業コンサルタントを探す。
・開業物件サイトをみる。
・医療機関に出入りしている卸業者に相談してみる。
・自己資金がどれ位あればよいのか、まず検討  等々

 

開業を意識されたとき、
各々とる行動は色々あるかと思います。

 

いきなり、パパっとノリで開業する先生は、
いらっしゃらないと思いますが、
念のため、云わせて頂きますね、
ノリでの開業なんて言語道断!!!

 

そんなに甘くはございません。

 

だって、先生、開業というのは、
多額の融資を受けるのが大半なんですよ。。。

 

漏れ聞こえてくる話。

私どもジーネットには医療法人の招聘担当者や、
医療機関の事務長、
開業セミナーを行っている講師の方等も
お見えになる機会が多数ございます。

 

そんな中、医師に纏わる話を伺っていると
開業について、漏れ聞こえてくる話が。。。

 

開業したは良いが、軌道にのらず、
借金だけ残った先生の話とか。。。

 

開業コンサルタントに相談したが、
開業した途端、その開業コンサルタントが行方知らず。。

 

借金1億とか10億とか。。。

 

恐ろしいです、正直聞いていて。。。、
これ現実の話なんです。
実際に御苦労されている医師がいるワケです。

 

この話がでてきた背景は、
借金を背負った先生にお越し頂きたいと思っている医療法人が、
先生の借金を相殺するかどうか?という話しが出たからです。

 

なぜ、こんなことになってしまったのか?

自分の右腕となる人間を掴んでいたか?

自分の気持ちを忖度せず、
しっかり事実だけを云ってくれる人間が傍にいたかどうか?
これ、苦言も含めてです。

 

開業って、みんなが上手くいっているワケではありません。
これ現実です。

 

まずは色々な方から話をきいて下さい!

開業前の準備期間は惜しまずに、
色々な方から話を聞いてみて下さい。

 

先生の常勤先に出入りする医療機器業者、
薬の卸、開業した先輩・同期、
開業セミナーの講師、開業コンサルタントと云われる人たち。

 

開業に纏わる業者は沢山います、
そんな人たちから、色々聞いてみて下さい。

 

そんな中で、良いことばかりいう方ではなく、
しっかり事実を教えてくれる方を、
御自身の目で選んでください。

 

この前いらしてくれた医師のための
開業セミナーの先生が仰っておりました。

「自分が開業セミナーをやっているのは、
本当に開業して良いのかを考えて貰う場を作っている。

ライフプランを誤らない様に、
この場で、開業だけではなく、家族の成長と共に、
お金がどれくらいかかってくるのか?等を考えて貰う場と、
時間を作っている。」と。

 

そして、ぽそっと、
“基本開業はしない方が良いと思っている”と(苦笑)

 

色々な医師の開業に携わって、
医師をみてきたから、
云える重い言葉だな~と、思いました。

 

組織のTOPとしての自覚。

なんとなく、開業=経営者というのは、
医師の皆さんも御理解頂けていると思います。

 

今まで勤務医として組織の中にいたときには、
“あの看護師が!”
“あの検査技師が!”
“あの事務長は!”
と色々と思う事があったことでしょう(笑)

 

勤務医だった場合は、
そう思っても、自分が実際に、
その間に入って何かをすることはなかったと思います。

しかし、開業した際には、
その辺りにも気を配いながら、
組織のTOPとして、対応していかなければなりません。

 

面白いもので、一緒に働く職員たちは、
自分たちが働きやすい様な環境を願っています。

 

腕がよく、スキルが高い先生よりも、
患者さんに対して評判の良い先生よりも、
自分たちに対して、コミニケーションがとれる医師、
自分たちの環境を揃えてくれる医師を願ってたりします。
そんなもんです…。

 

勿論、働きやすい環境の中には、
仕事内容・勤務時間・休日・給与等も
含めて入っております。

 

開業した場合、やはりお金のこと、
売上等を最初に考えてしまいがちですが、
これから一緒に頑張ってくれる職員への
気遣いも忘れずにしなければなりません。

 

組織のTOPとして、
自分の船(クリニック)に乗り込んでくれた
船員(職員)さんを束ねるのは、

船長(院長)の仕事です。

自分で舵をとりつつ、大海原の中、
進んでいかなければならないのが、開業です。

 

最後に。

“よし!やってやるぜ!開業!”とお思いになったら、
あとは走り出してよろしいかと思います。

 

しっかりとした御自身のライフプラン・キャリアプランを持ち、
開業を目指した医師であれば、あとは先生の右腕として、
一緒に船に乗り込んで、舵取りを手伝うのみです。

 

あっ、でも開業に向いている人、
向いていない人っていう、
根本的な、そもそも論もあったりしますので、
その辺りは、またの機会に。

 

今回は、ちょっと色々な処から、
“開業”についての、
お話を漏れ聞きましたので、書いてみました。

それでは、また。

 

 

《梅澤ブログ 開業・クリニックに纏わるモノ》

クリニックを開業するにあたって大切なこと。

患者がかかりつけクリニックを選ぶとき。

・よく考えて!雇われ院長職。

 

《ジーネット株式会社の医師に纏わるサイト》

医師の転職・開業 失敗事例集

医師のための情報サイト

開業支援、経営支援

 

医師キャリア相談