ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

強い成功意欲が身を亡ぼす…。目指すべきは幸福だ!

(公開: 2018年08月14日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを

事例、ノウハウを提供しながら

転職、開業、経営シーンでサポートし続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私たちは日々成功を目指していますが、

本来は幸福を目指すべきだと思います。

 

本日のブログのタイトルは、

【 強い成功意欲が身を亡ぼす…。目指すべきは幸福だ! 】

といたしました。

 

医師成功幸福

 

成功したい!?

医師になるくらいの方々は

やはり一般人と比較すると

成功意欲が高いように感じます。

 

そりゃそうですよね…。

そうじゃなきゃ医師にはなれないです。

 

しかし時々あまりにも成功意欲が高すぎて

自分を苦しめてしまっているのかな…とか、

次の成功を探し続けて

無理をし過ぎているのかな…と感じる事もあるんです。

 

もちろんそれは決して悪い事ではありませんが、

物には適度というものがありますから

自分を不必要に苦しめてしまっては

宜しくないかなと思うんですね。

 

私自身も成功意欲はかなり高い方だったと思います。

トップセールスになろうが、

会社設立以来の営業ギネス記録を塗り替えようが、

社長に就任しようが、

成功に甘んじる事なく

次の成功へと駆け足で挑んできたように感じます。

 

ただ50代を目の前にして、

いろいろ考える事が変わってきたかな?とも思ってまして

それは成功って何だ?という定義が

自分の中で変化しつつあるんです。

 

別に向上心を失った訳ではないのですが、

向上心の持ち方というか、

向上心の形が変わったように思います。

 

ただただ成功目指してまっしぐらという

若かりし頃とは確実に変わってきています。

 

それはキャリアプランの塗り替えでもありますし、

私自身が大人になったのかもしれません(苦笑)。

 

あなたにとっての成功とは何ですか?

みなさんはこの問いに何と答えますでしょうか。

 

幸せになりたい!

私自身も少なからず成功者の方を見てきました。

 

成功の形や大きさはいろいろですけど、

成功者って欲しいものを手に入れて、

いつも活き活きしていて、

羨ましい生活を送っていて…という人だけでは

実は……ないんですよね~。

 

お金はあるけど心は寂しいとか、

有名にはなったけどそんなん望んでいなかったとか、

成功者を演じているけど

実は今のような成功は失敗に近い…とか。

 

私も若い頃はそうだったんですけど、

とにかく成功を願い、望み、努力してきました。

 

しかしある程度の成功を手に入れると、

あれ?これでいいのか?という思いになったりしてました。

 

成功って実は目的や目標ではなく、

プロセスなのかもしれない…。

そう思う事もあります。

 

では目的、目標は何か?

「幸福」だと思うのです。

 

なぜ人々が「幸福」について語るよりも

「成功」について語ることを好むのか、

私には依然としてよくわからないのである。

 

私の敬愛する内田樹氏の言葉です。

言われてみれば確かにそうなんですよね…。

 

成功よりも幸福。

 

成功しても不幸な人はいるし、

幸福は必ずしも成功する必要はない。

 

成功ではなく幸福を目指すキャリアプラン!

右肩上がりの時代とか、

バブル経済のような時代であれば

成功を目指せば自ずと幸福になれたかもしれません。

 

しかし現代社会はそういう時代ではないと思います。

 

猛烈に働くとか、

プライベートを犠牲にするとか、

家族よりも仕事を優先してとか、

こういうものが美学である時代は過ぎ去りました。

 

特に医師の世界では、

そもそも医療自体が

医師の自己犠牲を前提にしたシステムになっており、

多大なる負担を掛けてきたと思います。

 

医療は益々高度なものになり、

患者の求める医療は尋常な水準ではなくなり、

医療現場の負担は年々高まるばかりです。

 

その結果、不幸にも過労死が出てしまったり、

過重労働から燃え尽き症候群に陥ってしまったり、

医療現場から離れてしまったり…。

 

もう限界が近づいていると言えます。

 

医師は成功を目指すのではなく、

幸福を目指すべきではないでしょうか?

 

その方が患者に対しても親切に接する事ができたり、

良質な医療を提供できるような気がします。

 

人間は必ず死ぬのに、

今までの医療は死なせない事を

あまりにも追求し過ぎてきたようにも思えます。

 

老衰を認めて、

医療の限界も受け入れて、

患者の理解も得ながら

適切な働き方でこなせる範囲で

頑張っていけば良いのではないか?

私はそう考えています。

 

だから医師のキャリアプランについて

いつも熟慮しています。

 

キャリアプランは

そもそも成功を目指して構築するものではありません。

幸福になる為に構築するのです。

 

成功しても不幸な人はいますし、

成功しなくても幸福な人もいます。

 

幸福な人には成功か失敗かなど

あまり関係ないのですね。

だからこそ最強のキャリアプランは幸福を目指すのです。

 

キャリアプランの神髄とは?

ここ10年や15年、

私は転職支援の仕事をしてきましたから

365日×年数分、

キャリアプランの事を考え続けてきました。

 

今は転職だけではなく、

クリニックの開業支援や、経営、

その他、医療の領域で様々な仕事をしていますけど、

根幹にあるのは医師のキャリアプランなのです。

 

そんな私が思うキャリアプランの神髄とは…、

 

1、中・長期的であること

2、事例、ノウハウという情報を得ること

3、過去、現在、未来という時間軸のキャリアを把握すること

4、書き換える柔軟性を持つこと

5、成功ではなく、幸福を求めること

 

この5点です。

 

一時の成功が将来を保証する事はありません。

高条件に翻弄されたり、

目先の利益に心を動かされたりするのではなく、

5年、10年、30年というロングスパンで考えた方が良いです。

 

そして最も大事なのは幸福を追求すること。

幸福の形は人それぞれです。

 

だからこそオリジナリティ溢れるのが当たり前。

 

他の人の成功を意識するのではなく、

自分と、家族の幸福を目指したプランを立てるべきです。

 

考えなきゃいけない事が多すぎます…

2011年1月から毎日書いてきた当ブログ。

サイトの移行時に結構な数のブログが消えてしまったりなど

途中、いろんな事がありましたが、

首尾一貫してキャリアプランの重要性を訴えてきたつもりです。

 

現在でも2700件以上の記事がありますが、

おそらくその内の2000件くらいは

キャリアプランについて書いているかと思います。

 

これだけ語っても語り尽くせないのが

キャリアプランです。

 

少し角度を変えれば

また違う発想が湧き出てきますし、

時代が変われば考え方も変わります。

 

きっと到達点とかゴールはないと思うんですね。

 

普通の方はここまでキャリアプランについて

考え抜く事はなくて良いです。

 

皆さんそれぞれのプロフェッショナルな領域で

ご活躍をして下さい。

 

私はキャリアプランについて

どこまでも考え続けますし、

日々情報収集に励んでおきますので、

何かの機会でキャリアプランについて考える際には

どうぞ私どものプロフェッショナル性を

上手くご利用下さい。

 

もちろんキャリアパスでも、

キャリアデザインでも、キャリアビジョンでも、

キャリアアップでも、キャリアキープでも、キャリアダウンでも、

キャリアチェンジでも、転職でも、開業でも、経営でも、

キャリアに関する事は何でもOKです。

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<幸福について書いた過去記事もご覧下さい!>

人間が幸福であるための条件

幸福人と不幸人

向上心は必ずしも人を幸福にしない…のか?

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師の常勤・非常勤求人・医院開業物件 情報サイト

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ