ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

星の王子さま

(公開: 2018年09月29日)

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを軸にして

転職、開業、経営シーンでサポートし続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

火曜、木曜、日曜が私の担当、

金曜が弊社の梅澤の担当…という事で

8月よりブログの更新を決めておりましたが、

読み終えた本が溜まってきておりまして

書評ブログが余り始めました(笑)。

 

まあ更新日に関しては今後も緩くやっていきますので、

時々このように勝手に更新していきます。

ちなみに明日も書評ブログですよ~。

 

ところで…、私のような人間でも、

時々は心を洗いたいと思う時もあるんです(笑)。

 

本日のブログのタイトルは、

【 星の王子さま 】 といたしました。

 

医師転職ブログ

 

本書をピックアップした理由

『星の王子さま』

サン・テグジュペリ 岩波文庫 を読みました。

 

きっとお読みになった方も多いでしょうね。

やっぱり不朽の名作だと思います。

 

私自身もいつか読んだ事があるような気がするけど、

全然覚えていないし(笑)、

たまたま本屋でピカピカ光ってたんですよね。

 

こういう時には素直に読んだ方が良いですよね~。

これは買わなきゃ…と思い即購入。

 

お陰さまで娘も本好きに育っているし、

そろそろこういう本を読ませたいなあというのもあり、

まずは自分も再読して、

内容をしっかり頭に叩き込んだ上で

感想を話し合えたらいいなあとも考えまして…。

 

自分の心をきれいにする為にも、

子供の頃のピュアな心を取り戻す為にも、

何となく今読むべき!と思い、

楽しみに読み始めたのでした。

 

目次

・星の王子さま

・訳者あとがき

・「星の王子さま」備忘録

・サン・テグジュペリ略年譜

 

感想

う~ん、やっぱりいい。

そして考えれば考える程に深い…。

実に深い…。

 

世界中で翻訳され、

70年以上に渡って全世界で読み継がれてきた物語ですから

すでに語り尽くされた感もありますが、

染み入るように言葉が問い掛けてきます。

 

それはまるで私自身の感性を試されているようで、

これに気づける?

本当は何が言いたいかわかる?

ちゃんと裏側にある真意を掴めてる?と

王子さまに話し掛けられている気分になります。

 

ですがそこに明確な答えなんかなく

こうかな?と答えても、

もっと考えてみようよ、

きっともっと良い考えがあるはずだよ、

答えなんてないんだよ、

探し続けることが大事なんだよ…

そんな風に王子さまに言い返されそうです。

 

この本のスゴイところはたくさんあるのですが、

世知辛い現代社会においては、

これだけ真っ直ぐに「人」にフォーカスするというのは

なかなかないと思います。

 

シンプルな問いほど深いものはないんだなと痛感しますし、

情け深さとか、愛情とか、無常観とか、優しさとか、

純粋さ・純真さとか、孤独感とか、悲しみや寂しさとか、

人生の素晴らしさとか、人生の儚さとか、

自分の中にこんなに感情ってあるんだな…と

今さらながらに感じさせられました。

 

ものわかりのよさそうな人に会うたびに

僕は持ち歩いている初めて描いた絵をみせました。

本当にものわかりがよいのかを知りたかったのです。

 

いくつもの解釈ができるのも

本書の魅力なのでしょうね~。

 

きっと読者が100人いれば100通りの解釈があり、

そのすべてが決して誤りではなく、

そうして人間社会は出来上がっている。

 

だからこそ他者へのリスペクトが必要であり、

それが根幹にあるからこそコミュニケーションが成立する。

 

王子さまと様々な人々の出会いは

まさに一期一会であり、

それぞれの出会いから様々な解釈が生まれ

私たちの想像力を刺激して

僕はこう思う、私はこう思うという

答えのないディスカッションが生まれそうです。

 

しかしそれこそがコミュニケーションの根本。

昨今のコミュニケーションロスは

想像力の欠如と解釈の不足なのかもしれないな。

そんな事も考えさせられました。

 

秘密を教えるよ。

とてもシンプルなことなんだ。

心で見るんだよ。

大切なことは目に見えないんだ。

 

このメッセージこそが

本書の主題とも言えるのかもしれませんが、

その真意は正直見えません。

 

ただ自分の人生をずっと振り返ってみて、

よくできました…と思えるところも

もう少し頑張りましょう…と思えるところも、

そういったひとつひとつの体験こそが

自分自身を作り上げているのであり、

大人になるごとに

もう少しよい大人になろうと思ったら

「心の目」を持つことこそが

きっと必要なのだろうな…。

 

子供の頃に持っていた素直さや

ピュアさを思い出さなきゃいけないなあ。

 

だって人間だもの…なんて事を考えながら

人生の奥深さや難しさ、

そしてもっと人生を大切にしなきゃ…と

物凄く考えさせられました。

 

評価

おススメ度は ★★★★★ ×2 と満点以上です。

 

誠に遅ればせながらではありますが、

とてつもなく良い出会いとなりました。

 

本書は人生のターニングポイントで読み返すべきであり、

きっと読むたびに新たな発見があるのだろうなとも思いました。

私自身また数年後に読み返したいと思います。

 

一過性で終わるのではなく、

中長期的に何度も何度も読み返す事で

自分を高めていけるような気がします。

 

また、巻末に収録されている

訳者あとがき、「星の王子さま」備忘録、サン・テグジュペリ略年譜が

これまた秀逸でした。

 

時代背景や本書が世に広まる過程、

そのトピックスなども大変に興味深いものでした。

合わせてお読みになると興味深いと思います。

 

本書は子供向けというよりは

確実に大人向けですね。

 

娘には早いかなとも思うけど、

逆に感性豊かな子に育つためには

今の年齢で1度読ませた方が良いなとも思います。

 

もしまだ本書をお読みでない方がいらっしゃったら

是非とも手に取って頂きたいなと…。

超絶おススメいたします。

 

また随分昔に読んだなあという方は

私の書評をお読みになったのも何かの縁です。

もう1度読み返してみてはいかがでしょうか?

 

それでは、また…。

 

 

医師キャリア相談

 

<開業について書いた過去記事もご覧下さい!>

開業で失敗する人、成功する人、その紙一重の差とは?

開業を成功させる院長の思考回路!?

転職や開業の予定はないけどお話しを伺いたくて…。

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師の失敗事例集<転職、開業等>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ