ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

2:6:2の法則!

(公開: 2013年02月25日)

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ

転職・開業コンサルタントの

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

有名な法則ですので、ご存知の方も多いとは思い

ますが、「2:6:2の法則」というものがあります。

 

人間が集団を構成すると、優秀な人が2割、普通

の人が6割、今イチな人が2割という構成になって

しまうという事ですね。

これは私の経験則でも何となく合っているような

感じを持っています。

ただ難しいのが組織を運営する側の目線で見る

と、じゃあ今イチな2割を切ってしまえばいいじゃ

ないかと考えがちですが、仮にそうしてもいつの間

にか今イチな2割が自然とでき上がってしまうもの

なのですね。

 

また逆に優秀な2割を仮に引き抜かれたとしても

残された人達が自然と優秀な2割にもなっていく

とも言われています。

これは「蟻」の世界でも同様らしいですね。よく働い

てくれる蟻が2割、普通が6割、さぼりがちな蟻が

2割になるらしいですし、さぼりがちな蟻を排除して

もいつの間にかさぼる蟻が2割くらい出るらしいで

すね。そして働き者の蟻を除いてもそれは同様ら

しいです。

非常に面白い法則だなあと思います。

 

医療の世界においてもある程度は適応する部分

もあるのでしょうか。

例えば、とても協力的な患者さんが2割、普通が

6割、それこそモンスター的な非協力的な患者さ

んが2割みたいな…。

何となく合っているような気もします。

 

私の転職に関わるシーンでも合致するかもしれま

せんね。

確実に良い転職先が決まる求職者が2割、普通

が6割、どうしても決まらない方が2割。

ん~、一般的には確かにこんな感じかも…。医師

の場合は少し違いますけどね。

確実に採用できる求人側が2割、普通が6割、ど

うしても採用できない求人側が2割。

ん~、これも合ってるかも…。

 

この法則ってこれだけメジャーになっている訳で

すし、それだけ応用が可能だって事なのだと思い

ますから、知っておいて損はないと思うんです。

ただひとつだけ気を付けなければならないのは、

特に人間社会の場合は必ずイレギュラーがある

って事ですね。

これは良い方でのイレギュラー、つまり奇跡が

起きたり、絶体絶命の中から幸運の神様が降り

てきたりなんて事もあるでしょうし、逆に信頼度

の高い人に裏切られたり、不測の事態が起きた

りなんて事もありますね。

法則は法則として知っておいて損はないですが

変に固執してしまって融通が効かなくなるのは

危険だと思います。

って言うか、やっぱり何もかも思い通りになんか

行かないから人生って面白い訳でもありますし。

可能性は無限大!

そんな部分も頭に入れておきたいものですね。

血液型なんかと一緒なんですかね~。

別にそれほど興味はないですが、あの人は△型だな

という判断はだいたい合ってますからね。

もちろん、え!?というケースもあるので、やっぱり

決めつけは良くないですが…。

 

それでは、また…。

 

転職、開業に悩む医師・看護師のご相談はこちらから!

転職・開業を失敗させない為のノウハウを提供します。

医師、看護師のキャリアプランニングを

オーダーメードでご支援します。

 

弊社へのご相談はこちらです。

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット NEW公式サイトはこちら!

IBIKEN 医療ビジネス健全化協議会の運営サイトはこちら!

医師の転職・開業 失敗事例 サイトまとめはここ

twitterはここ

facebookはここ

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

      にほんブログ村 転職キャリアブログへ