ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

医療系紹介協議会!?

(公開: 2015年10月21日)

 

おはようございます。

 

医師、看護師の転職シーンを

より良いものにする為に日夜奮闘する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

以前から当ブログではご紹介をしてきました。

医療系紹介協議会

 

この10月1日より正式に発足したようですが、

ほとんどと言って良いほどに

話題にすらなりません。

 

この協議会発足前に説明会があったそうです。

非常に冷めた雰囲気だったようですね。

 

そりゃそうです。

中心メンバーである会社こそに問題があり、

批判を浴びる事になった原因を作ってきたからです。

 

会員になった企業すべてが悪いとは申しません。

中には誠実な思いで参加した企業もあるかもしれませんし、

しがらみがあって致し方なく…なんて企業もあるでしょう。

 

この協議会の目的を果たす為に

独自でガイドラインを定めています。

 

1、医療従事者の転職活動を濫りに助長するような、

  不適切な広告表現は行わない。

 

2、ご紹介した医療従事者に対して、

  再転職を目的とした働きかけは行わない。

 

3、求人者に対する適正な紹介行為を阻害するような、

  医療従事者への金銭の提供は行わない。

 

これ自体はごく当たり前の事ですし、

そもそも今まで守られていなかった事自体が問題です。

 

ガイドラインを掲げて、

転職を助長するないしは悪質なサービスと受けとられる

アクションの改善については、

早期の改善を目指していますと堂々と謳っていますが、

果たして効果の程はどうなるでしょうか?

 

私は期待薄かな…と考えていますが、

そうは言っても業界が浄化され、

より健全化されるのであれば歓迎はしたいです。

 

したいですが、

でも、やっぱり、期待薄かな…と。

 

根本的に、このガイドラインの内容は、

こうして定めなくとも各企業が個別のモラルの中で

遵守せねばならないものだと思います。

 

それを逸脱し、利益至上主義、効率至上主義に

走ったからこその協議会発足であり、

ガイドラインの制定な訳ですね。

 

本気でやるならば、

不適切な広告表現とはどういうものであり、

再転職を目的とした働きかけにはどういうものがあり、

こういった金銭の提供はいかんというような

具体的な事例を出すべきでしょうし、

それこそ協議会で可能な罰則規定なども

あって然るべきではないかと思うのです。

 

しかし、そこまでは踏み込まない…。

所詮、厚生労働省に怒られて、

反省して、改善していますよというポーズなのかな…

なんて事を考えてしまいます。

 

ふ~、私にしてはかなり抑えた内容にしましたが、

心の中では怒りや憤りが渦巻いています(苦笑)。

 

おそらくこの協議会の発足が、

医療系の紹介業の健全化にはプラスにならないと

私は思います。

 

むしろ各社の経営者や1人1人のコンサルタントが

モラルを持って日々の仕事に取り組む方が

余程、健全化に繋がるでしょう。

 

私自身も協議会の存在やガイドラインは

最低限は尊重しますが、

そもそもがガイドラインに抵触しておらず、

そんな事よりも普段から

数段高い意識で取り組み続けるしかないかと

考えております。

 

 

なんだよ~、小野さんらしくないなあ。

もっとガッツリ言ってくれよ~なんて

私の友人、知人は言いそうな

まどろっこしい内容になってしまいましたが、

ここからは当事者自身が問われるのだと思います。

 

敢えて私が批判しなくとも、

会員企業、特に幹事会社などの中で

万が一ガイドラインに抵触するような事をしでかしたならば

その時に大きな報いを受けるような気がします。

 

業界人の1人としてそうならない事を願っていますが、

個人的な予測としては出てしまうように思います…。

 

それでは、また…。

 

転職、開業に悩む医師・看護師のご相談はこちらから!

転職・開業を失敗させない為のノウハウを提供します。

医師、看護師のキャリアプランニングを

オーダーメードでご支援します。

 

開業相談・転職相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

公式サイト ジーネット㈱

転職を思案中の方も! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

稼働中! 医師のための失敗事例サイト

twitter 絶賛情報発信中!

facebookでも絶賛稼働中!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ