ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

医師は税理士をどう活用すべきか?

(公開: 2015年10月27日)

 

おはようございます。

 

医師、看護師のより良い未来の為に

転職・開業・経営の情報を提供し続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

私は元々「士業(弁護士、会計士など)」の

人材ビジネスに従事していた事もあり、

法律家の方々の人脈がそれなりにあります。

 

医師の場合は、

訴訟などがあった場合に弁護士に依頼したり、

医療法人化する際に

行政書士に依頼したりする事がありますが、

私はもっと税理士を活用すべきではないかと

考えています。

 

これは開業医は当然ながら、

勤務医についても同様です。

 

まだ少数ですが、

開業医の先生に経営コンサルタントとして

アドバイスする事が増えてきました。

 

お話しを伺うと、

要は顧問となっている税理士との連携が薄く、

経営状態が把握できておらず、

また先行きに対してもどういう手を打つべきか

わかっておらず、

不安を持っているケースが非常に多いです。

 

これは税理士が医療を知らない方であるのが

理由のひとつでもあります。

 

昨今では医療機関を専門とした、

または多くの医療機関を顧問に持つ

税理士さんも増えてきておりますので、

やはり餅は餅屋、

医療に詳しい税理士に依頼をした方が

間違いなくプラスになると思うのです。

 

私どもは開業コンサルも請け負っておりますので

医療機関のクライアントを数多く持つ

税理士と数名良い関係を築いています。

 

もしご自身の顧問税理士が経営数字のチェックしかできず、

クリニック経営についてのノウハウを持っておらず、

もっと良い税理士を探しているという先生がいれば

どうぞ私どもにご相談下さい。

相応しい税理士をご紹介します。

 

また勤務医の先生の場合で大きいのは

確定申告の処理ではないかと思います。

 

最近ではソフトも充実しており

ご自身で行う方も増えているようですが、

収入が常勤先、非常勤先、スポット先と

複数に跨っていて、

なおかつ不動産や証券での収入などもあって、

執筆や講演などの収入などもあると

結構やっかいな処理になります。

 

税理士にとっては確定申告など

大した手間でもありませんので

割と安価に処理してくれる所が多いようです。

 

本業に専念する為にも

面倒くさい作業はプロに任せて

アウトソーシングしてしまうのも

ひとつの手ですね。

 

なるほど…と思った先生は

良い税理士とお繋ぎしますよ。

 

 

就業規則をしっかり整備しておきたいとか、

残業代の不払いで以前勤めていたスタッフが

労働基準監督署に駆け込んだとか、

こんな時は社会保険労務士の範疇です。

 

個人経営のクリニックを法人化したい時は

行政書士に依頼します。

 

訳のわからん経営コンサルを経由してしまうと

仲介料が掛かってしまい、

結局結構な出費になってしまったりもします。

 

私も経営コンサルの1人ですが、

ここは無料でお繋ぎしています。

 

だって本業は転職、開業ですから。

こちらで稼ぎますので、

専門家をご紹介するくらいで料金は取りません。

 

まして士業と医療を両方知る私だからこその

人脈ってのもあります。

 

これで士業の先生も、

医療の先生も喜んでくれたら

私にとっては何物にも代えられない喜びです。

 

どうぞお気軽にご相談下さい。

 

それでは、また…。

 

転職、開業に悩む医師・看護師のご相談はこちらから!

転職・開業を失敗させない為のノウハウを提供します。

医師、看護師のキャリアプランニングを

オーダーメードでご支援します。

 

開業相談・転職相談はこちらから! ジーネット株式会社

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

公式サイト ジーネット㈱

転職を思案中の方も! 医師の為の情報発信サイト IBIKEN

稼働中! 医師のための失敗事例サイト

twitter 絶賛情報発信中!

facebookでも絶賛稼働中!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ