ジーネット株式会社コンサルタント ブログ

弱者は侮辱に耐えて生きていかねばならない…。

(公開: 2016年12月08日)

 

おはようございます。

 

医師が充実した日々を過ごせるように

事例、ノウハウとともに選択肢を提供していく

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

弱者は侮辱に耐えて生きていかねばならない…。

 

ちょっと刺激的なタイトルを付けてしまいましたが、

思うところがいろいろあって

敢えてこれで行きました。

 

元来、弱者というのは

守らねばならないと私は考えています。

 

ただ弱者と敗者は違っていて、

敗者は復活の機会さえ与えれば

弱者とは一線を課し守る必要はないと考えており、

その上で弱者は守らねばならない存在だと思うのです。

 

本音の部分で私はこのように考えているのですが、

ある本を読んでいて、

弱者は侮辱に耐えて生きていかねばならない…という文章を読み、

何て酷い事を言うのだろう…と最初は憤りの思いを持ちました。

 

ですが、よくよく考えてみると、

守らねばならない弱者がこの社会では酷い目に合う事は

決して少ない事ではなく、

私の考えこそが所詮きれいごとであり、

真実を見る目が持てておらず、

もっと現実社会は手厳しいのだろうな…。

 

実際には弱者は侮辱に耐えながらも

必死になって生きているのだろうな…。

そう思った次第なのです。

 

では弱者とはどんな存在か?ですが、

これは身体、精神に問題を抱えて居たり…と捉えるのではなく、

それも含めた「力の劣る者」という定義付けがいいのかな…と。

 

この「力」という部分も、

腕力、脚力、知力、精神力、社会的適応能力だけではなく、

権力、 政治力、交渉力など

様々な「力」が弱い、劣っていると捉えるべきかと思います。

 

そしてもっとそれをシンプルに言うなら、

「弱者とは知らない事、無知である事」

これではないかと思うのです。

 

このように考えると私たちはみなすべからく

弱者的な要素を抱えているとも言えるでしょう。

 

そして弱者的な部分が表面化した時に、

私たちは侮辱に耐えて生きるしか手がないのですね。

 

医師の皆様もこんな思いは研修医時代や

大学医局という場では散々味わってきたかもしれませんね…。

 

侮辱に耐えなくても良い状態とは、

弱者から脱却することであります。

 

それは様々な「力」を身につけるという事でもありますが、

結局突き詰めると「知る」ことではないかと思うんです。

 

社会を知り、仕組みを知り、制度を知り、

人を知り、しがらみを知り、伝統を知り、

歴史を知り、文化を知り、関係性を知り、

とにかくありとあらゆるものを知ることが

弱者からの脱出の第1歩となるように思うのです。

 

知ることで「力」が付きます。

知らねば弱者のままです。

 

私たちは子供の頃から

嫌々ながらも多くの時間を勉強に費やしてきました。

それは記憶する…という事がメインの勉強でした。

 

大人の勉強は記憶ではないと思います。

知ること、そして知れば知るほどに、知らないことを知り、

さらに知ることに対する探究心が湧いてくる。

 

……と、個人的な見解を書いてみましたが、

いかがでしょうか?

それなりに理は通っているかと自分では思うのですが…。

 

侮辱に耐えるってキツい事です。

時には自らの命を絶つほどに苦しい場合もありますね。

 

だから侮辱されない為に弱者からどう脱出するのか…。

こういう社会的なアナウンスがもっとあるべきではないでしょうか?

相変わらず子供の世界でもイジメがあって、

大人の世界でもさらに陰湿なイジメがあって、

強い者が弱い者を守るべきなのに、

こんな正論は通用せずに、

強い者が弱い者をイジメ抜く現代社会…。

 

大いなる疑問を持ちながら、

私に何ができるのか…。

侮辱に耐え続けるのではなく、

侮辱されないように弱者ではなくなる術を広めていく。

 

私は知ること…ではないかと思います。

イチにもニにも勉強、勉強。

せねば侮辱に耐えるしかなくなってしまう…と思うのですが…。

 

 

え~、当ブログは医師に対しての情報提供ブログでございます。

 

医療の世界には弱者が多いです。

何も心身の問題だけではなく、

社会的な弱者が侮辱によって弱り、

心身に異常を来たすことは少なくないと思うんですね。

 

なのでこんな思考も情報としてあって良いかと…

拙い内容ですが…、何かきっかけになれば…いいなと思います。

 

それでは、また…。

 

 

意識の高いドクターの情報収集サイト!

弊社へのご相談はこちらです!

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社 コーポレートサイト!

多角的な情報提供中!医師の為の情報発信サイト IBIKEN

多様な事例掲載してます。医師のための失敗事例サイト

絶賛交流中! twitter

facebookも日々更新中です!

 

記事にいいね!と思って下さったら下記もポチ!

              にほんブログ村 転職キャリアブログへ