1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 勤務医はもういい…でも開業医は無理…という第3の選択!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

勤務医はもういい…でも開業医は無理…という第3の選択!

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを組み立てる際に

事例やノウハウを提供して転職や開業を成功に導く

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

キャリアプランとは

プライベート抜きに構築はしない方が良いと考えています。

QOLを無視した働き方には限界があると思うからです。

だからこそ複数の選択肢が必要になる訳で、

そこには豊富な事例や様々なノウハウが必要になってきます。

 

今回のその選択肢のひとつ、

『勤務医はもういい…でも開業医は無理…という第3の選択!』

をタイトルとしました。

 

 

勤務医と開業医のメリットとデメリット

複数の選択肢があっても、

どれを選ぶかはやっぱり人それぞれです。

 

A先生は1番を選ぶし、

B先生は2番を選ぶし、

C先生は3番を選ぶ。

それでいいと思います。

 

勤務医には安定や症例経験を積める環境があり、

研究や教育に携わる事もできて、

キャリアアップには適していますよね。

でもその一方でハードで仕事量が多く、

自由度の効かない環境であったりもしますね。

 

これが開業医になると自由度は増すでしょうし、

勤務医ほどにハードではなくなるかもしれません。

しかしその一方でリスクを背負う事になり、

成功すればいいですが安定とは程遠く、

成功が継続する訳でもなく、

医師として経験を積むよりは

経営者として日夜奮闘しなければなりません。

 

こういった事を理解して、

その道を選ぶのならいいですが、

知らずにただレールに乗るのはいかがかと思います。

 

どっちにしてもメリットとデメリットは同居しており、

必要なのはそれを知り、

冷静さと客観性を持って

ご自身のキャリアプランを遂行する事ではないでしょうか。

 

まあ勤務医にも細分化すればいろいろありますし、

開業医も同様ですけどね…。

 

第三の道にだってメリットもデメリットもあります…。

第3の道…なんてもったいぶってますけど、

勤務医、開業医以外の道となると…

雇われ院長(分院長)というのがひとつ。

産業医などもそのひとつかもしれません。

 

他には医師資格を活かして起業したり、

企業内でビジネスをしたり、

今回の衆議院選にも立候補した医師は少なくなかったし、

厚生労働省の技官など官僚という選択肢もありますね。

 

他にも活躍の可能性は無限大にあるでしょうし、

これから益々広がりを持っていくように思います。

 

ただ一見魅力的に見える仕事にも

やっぱりメリットとデメリットはある訳で、

中身を知らずに初めてしまって、

後々こんな事なら普通に医者やってれば良かった…と

後悔する事もなきにしもあらずですね。

 

雇われ院長(分院長)をピックアップ!

雇われ院長のメリットは、

リスクがなく開業医に近い仕事ができる事。

デメリットはオーナー次第でリスクを抱える事になる事。

 

他にも様々なメリット、デメリットが考えられますが、

1番大きいのは上記ではないかと思います。

 

ちなみにたまたま弊社に雇われ院長の求人が入ってきましたので、

これを例にして深く考察してみます。

 

所在地 千葉県習志野市

(JR津田沼駅から徒歩1分)

 

形態 ビルテナント

(地上6階、地下1階の商業ビルのメディカルフロア)

 

診療科目 内科、皮膚科、泌尿器科

(同フロア内に整形外科、耳鼻咽喉科、心療内科、調剤薬局 内定)

 

予想外来数 50人~100人/日

 

オーナー 医療法人(調剤薬局)

 

オープン予定 2018年春以降

 

ちなみに院長となる医師の待遇ですが、

年俸1500万円以上+管理医師手当、

原則週5日勤務だが曜日は月~土の中で選択可能、

勤務時間は原則9:00~12:00、15:00~18:00と負担が少なく、

専門医の有無よりも臨床経験を重視(10年以上)、

業績によっては賞与も支給され、

望むならば譲渡も検討可という内容です。

 

ざっとですが、こんな感じです。

長所としては駅近で場所も良く

他科も決定している事から集患が見込める事、

そしてオーナーが医療法人であり医業経営を良く知り、

バックアップ体制が整備されているとともに、

院長にも一定の権限・裁量を与える方針である事ですね。

しかも待遇、条件的にはなかなかのものと思います。

 

短所としては商業ビル内という立地には好き嫌いがある事、

バックアップはあるものの責任は決して小さくない事、

新規開業なので来院患者に関しては読めない部分がある事、

これくらいでしょうか…。

 

ただ新規開業とは違って、

資金的なリスクを背負う事もなく、

成功すればそのまま譲渡の可能性もある事から、

これは優良な案件と思います。

 

ちなみにこの医療法人さんは同じく千葉県内で、

市川市の南行徳で皮膚科、泌尿器科、

佐倉市ユーカリが丘で皮膚科、小児科の医師を募集しています。

また当該物件で新規開業したい場合は

テナント貸しもしてくれるとの事です。

雇われ院長しては優良案件ですね。

 

しかしこんな良い案件ばかりではないのが難しい…。

私が過去出会ってきたケースとしては、

・オーナーが企業で売上重視の姿勢が強すぎる。

・オーナーの医師が診療に口出しをしてくる。

・立地が悪く患者が来ず、その責任を問われる。

・本部から派遣されたスタッフが院長を監視する。

・高条件を提示されたが守られない。

・物件契約や取引業者との銀行口座を院長個人の口座を流用

・勤務条件が事前の話しと変わった 等々…。

 

他にも20年も分院長を務めてきて、

15年以上で譲渡可能と聞いていたので

譲渡の相談をしたら1億円の支払いを求められたなんてものもあります。

 

ハッキリ言っちゃうと欲しいのは

医師免許なんですよね。

こういう悪質なケースって…。

だから事前にいい話しばかりして乗せるだけ乗せて、

承諾したら少しずつ本領発揮で良くない方向に導いていく…。

 

巷には雇われ院長、分院長の求人はかなりあります。

しかしこれは本物のプロと一緒に動かないと

かなり危険ですよ。

 

実際に某悪質企業に騙された先生や、

何も知らない大手紹介会社の若手コンサルタントに騙された先生は

意外と少なくないですからね…。

 

現在雇われ院長をしているが困っている先生、

ちょうど雇われ院長の求人があって悩んでいる先生、

ご不安であればお気軽にご相談下さい。

 

それでは、また…。

 

<雇われ院長について書いた過去記事もご覧下さい!>

雇われ院長という生き方!?

勤務医、開業医以外の第3の道!?

 

<キャリア意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネット株式会社コーポレートサイト

医師の転職・開業情報収集IBIKENサイト

医師の転職・開業 失敗事例まとめページ

公式アカウント follow me twitter

公式アカウント facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事