1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 顔の見えない人材紹介は嫌だ!

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

顔の見えない人材紹介は嫌だ!

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日お話しさせて頂いた
ある医療機関の事務長さんのお言葉が
本日のタイトルです。

地域の中核病院のひとつで、
これまでも複数の人材紹介会社と
お付き合いをされてきたとの事です。

また、この事務長さんご自身が
人材紹介会社に在籍していた事もあるそうで、
紹介システムなども
よくご存知でいらっしゃいます。

医師やコメディカルの定着率は高く、
職場環境や労働条件も
比較的恵まれている病院です。

たまたまサテライト的に
開業をするドクターが出るという事で、
新しい先生を募集されるとの事でした。

求人内容やその背景、病院の特長など
様々伺っていたのですが
その中でふと出てきた言葉が、

人材紹介会社でも、
求職者と会ってもいないのに紹介してきたり
うちの病院に来ないで、
求職者にうちの病院を紹介していたりするでしょう。

特に大手にはその傾向が強くて、
それでは表面上はマッチしても、
長い目で見た時の定着度が違うんだよね~。

とおっしゃっていました。

その通り!だと思います。
そして、弊社の事は
このブログやfacebookページをご覧になって頂いて、
お声掛け頂いたとの事。

御社のように、
その病院の将来、
ドクターの将来を考えて
運営している会社は多くないよね。

特別に高条件の求人ではないので大変かもしれないけど、
大いに期待してるよ。

と言って頂きました。

はい!頑張ります。

確かに私は、
求職者であるドクターも
よほどの事がない限りはお会いして
お話しを伺いますし、
できるだけ病院の内部を見て、
院長の人柄や病院のビジョンを
お伺いしています。

転職とは
単なる希望条件の突き合わせではなく、
そのドクターの人生を掛けたものであると考えていますし、
採用する医療機関側から見ても、
時には経営方針を変更するほどの
大きなものだとも考えています。

ただ繋ぐだけでは、
人材紹介の価値、意味がありません。

転職するドクターの人生を背負って、
採用する医療機関の経営を背負って、
そして日本の医療業界を背負って、
日々の業務に当たらねばならないと思うのです。

そういう責任を感じながら
仕事をしているからこそ、
登録するドクターも安心できる訳だし、
求人を出す医療機関も
気持ち良くフィーをお支払いできるのだと思うのです。

そうは言っても会社の方針が…、
売上なしには会社が存続できないし…、
時間と手間が…、などなどの声も理解はできますが、
それを言ってちゃいつまでも変わりません。

正々堂々と、
個人のコンサルタントとして勝負していかねば
本物にはなれないのではないかと思います。

自分自身まだまだ
これからの会社に在籍していますが、
天に誓った仕事をしていきます!と
これだけはこだわってまいります。

それでは、また…。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事