1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 医療系転職エージェントってレッドオーシャンですけどいいんですか?

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

医療系転職エージェントってレッドオーシャンですけどいいんですか?

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日、ある方より、
「これから医療系の人材紹介を
始めようと思うんだけど…どう思う?」
という質問を受けました。

私は、個人的な見解としては
ライバル社が増えて、
様々な考え方や
角度を変えたサービスを提供できた方が
業界にとっては「良い事」だと考えております。

求職者にとっても、求人側にとっても、
質の高いサービス提供者が現れるのは
いい事だと思うのです。

しかし、すでに600社が参入していると
言われている医療業界…。

余程の差別化か、
余程の経営資源を投入しなければ、
そうそう上手く立ち上がらないのではないかと思います。

そこで、
冒頭の質問に対する私の回答が
今回のタイトルです。

少し前の話しですが、
ブルーオーシャン戦略という言葉が
流行りました。

要は、
まだ誰も参入していない市場や
サービスを狙いましょうねという事です。

その対義語として使われたのが
レッドオーシャンです。

自然の残ったきれいな青い海。
人の手が散々入った汚れた海。

そんな感じでしょうか?
どっちがいいかは自明ですよね。

で、冒頭の質問をされた方に
なぜ参入しようと考えたのかを伺いましたら、
案の定、儲かりそうだから…的な言葉が返ってきました。

実は同じような質問を受けた事は
前にもあります。

今回の方は、
一般企業向けの人材紹介業をやっている方。

前回の方は、
医療機関向けの他サービスを提供している方。

前者の方は、
人材紹介業のノウハウを
医療に活かそうと新規参入を狙った形。

後者の方は、
医療機関向けの営業のノウハウを
人材紹介に活かそうとした形。

人材紹介とは、
実は参入障壁が割と低く、
新規参入しやすい業種である事は
間違いありません。

しかし、
どうせ新規参入するなら
レッドオーシャンではなく、
ブルーオーシャンの方が
成功確率は高いと思うんですね。

まして、
前者の方は、
ほとんど医療の事をご存知なかったですし、
後者の方は、
ほとんど人材紹介の事をご存知なかったです。

それでは先行している会社に
中々追い付けないと思いますし、
本気でやるなら
相当のヒト、モノ、カネを
投入しなければならないと考えます。

ブルーオーシャン戦略とは

結果的に、このご両人は、
私の苦労話をする事で
実態をご理解頂いたのですが、
知らずに参入してしまったら
恐らく痛い目に合ったことでしょう。

これだけ情報が氾濫している時代ですから
ブルーオーシャンなんてなかなかないと思います。

でも、レッドオーシャンに入るよりは、
ブルーオーシャンを探し続けた方が
事業の成功確率は高いと思います。

もし、私がイチから
医療系の人材紹介サービスを開始しようとするなら
ある3つの条件をクリアした場合のみ実行します。

この3つは内緒ですが、
もし本気で
医療系の人材紹介会社の立ち上げを
お考えの方には、そっとお教えしますね…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事