1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 悩む医師こそ良い医師だ!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

悩む医師こそ良い医師だ!

 

おはようございます。

 

医師のキャリアプランを考える

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

この先、自分はどうなるんだろう…。

どうすればいいんだろう…。

多かれ少なかれ誰もが思い悩んでいるのではないでしょうか?

 

それだけ将来について

不透明な時代でもありますし、

キャリアプランが描きにくいのが現在だと思います。

 

そこで本日のブログのタイトルは、

「悩む医師こそ良い医師だ!」としました。

 

 

「思考は現実化する」

私どもは常に

「キャリアプランが大切です!」と

繰り返し情報発信をしております。

やはり思いはプランを現実化する第1歩だと思うんですよね。

 

物事は顕在意識で思った方向にしか進まないと言われます。

 

潜在意識で思っていても

それは具体的な行動にまで発展しないでしょうからね。

 

潜在意識 > 顕在意識

 

これは夢物語であり、

こうなればいいなあという希望的観測だと思うのです。

 

顕在意識 > 潜在意識

 

こういう構図でこそ

具体的な行動に繋がり、

希望が実現に近づいていくのだと思います。

 

思考は現実化する可能性を高めるスタートラインと

言っても良いかと思うんです。

 

何の為に仕事をするのか?

考え方は人それぞれですので

様々な考えがあっていいと思いますが、

何の為に仕事をしてますか?と問われて

生活の為です!とか、

お金を稼ぐ為です!とか、

そういう事しか言えないのは

ちょっと寂しいような気がします。

 

いや現実論で言えば、

決して間違っているとは思いませんし、

ある意味ではストレートな物言いだけで

もっと深い考えもあるのかもしれないとは思います。

 

しかし仮にキレイごとであっても、

世の為、人の為です!とか、

人に貢献したくて…、人を救いたいくて…、

そういう思いもあってしかるべきだと思うのです。

 

悩みにもいろいろあるのでしょうが、

プラスとマイナスの悩みがありますよね。

 

<プラス>

もっとできるようになりたい。

もっと多くの人の為になりたい。

 

<マイナス>

なんで自分はできないんだろうか…。

どうして自分は人の為になれないのだろうか…。

 

同じような事象でも

考え方ひとつでプラスにもマイナスにも表れる。

だからこそ長く続けなければならない仕事は、

プラスに転化する必要があると思うのです。

 

人は悩むこそ成長する!

先日私がお話しさせて頂いた先生は

こうおっしゃっていました…。

 

私がまだ研修医時代の話しなんですけど、

患者さんとの関係性の作り方や、

診療方針や診療スタイルにスゴく悩んでいた時期があったんです。

その時に上司だった先生に言われた言葉が今でも耳に残っていて、

何か悩んでしまう時には今でも思い出すんですよね。

医者ってのは悩むのが正しいんだよ。

悩まない医者なんて良い医者ではない。

悩まない医師良い医師にはなれないぞ…と。

 

ふむ…。

とても良い励ましだと思いますし、

悩みを突破する為の良いヒントですね~。

 

誰だって悩みます。

でも悩みは成長に必要なプロセスとも言えます。

 

医師は患者から見れば

医学の事は何でもわかるお医者様という

イメージを持たれるケースも多いですが、

 

そんなパーフェクトには中々なれませんよね…。

 

まして医療現場の事ならまだしも、

人生設計やキャリアプランといった

将来についてはみな大なり小なり悩むものだと思うのです。

 

今のままでいいのか?

他に移るべきか?

開業などの選択肢はどうか?

 

このようなキャリアプランを

幾度も幾度も考えて、

ああでもない、こうでもないと

その都度上塗りしていくべきです。

 

指標。

キャリアプランとは

よし、あそこまで到達しようという

指標のようなものではないかと考えます。

 

それでは、また…。

 

<キャリアプランニングについて書いた過去ブログもご覧下さい!>

こんなはずじゃなかった…という転職はその大半が求人主導の転職なんですよね…。

医師は過剰になるのか?に備えたキャリアプランニング!

医師のキャリアプランニングにおける過大評価と過小評価

 

<意識の高いドクターの情報収集サイト!>

ジーネットNEWコーポレートサイト

医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営するサイト

医師の転職・開業 失敗事例をまとめたサイト

follow me twitter

facebookページ

 

弊社へのご相談はこちらをクリック!

 

関連記事