1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 医療機関の採用に関しての真剣度に思う…。

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

医療機関の採用に関しての真剣度に思う…。

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

普段、求職者側の話しを書く事は多いですが、
ふと考えたら求人側について
あまり書いていない気がしました…。

ですので、今回は求人側、
つまり医療機関側について書いてまいりたいと思います。

で、今回のタイトルを
採用に関しての真剣度に思う…と書きましたが
実際問題、医師や医療従事者は
圧倒的な売り手市場になっており
どこの医療機関でも何とかして
採用したいと悩んでいるのが現状であります。

なので、みな真剣なんです…。

でも、一応専門家でもある私から見ると
その真剣度にも度合いがあるのではないかと思ってます。

私の所にも多くの求人を頂いており、
なかなかお応えできていなくて
非常に申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが、
求職者の方の希望とズレていなければ
すぐにでもご紹介したい医療機関と、
優先順位がその次になってしまう
医療機関があるのも事実です。

そこが真剣度によって判断する訳でありますが、
では真剣度とはどういった部分でしょうか?

もちろんひと言で表すなんてできないですし、
複合的な部分で最終的には判断するのですが、
下記3点は見逃せないポイントとしてあります。

1、自院の説明が上手く、他院との差別化ポイントが明確である。
2、採用に上層部(できればトップ)が関わっている。
3、自院のマイナス点、弱点についても隠さずに話してくれる。

ひとつずつご説明します。

1ですが、まず自院をきちんと説明できない、
する必要を感じていない病院は紹介しにくいですね。

ここでの説明が
私達コンサルタントを通して求職者に伝わる訳で、
その時に詳しく聞けていないと説明不足になってしまいます。

求職者はどんな病院なのかを
理解できなければ応募すらしないでしょうから、
ここでの説明は丁寧にした方が宜しいかと思います。

また、その内容は
ホームページなどで把握できるものではなく、
表に出てきていない部分が必要です。

それこそ経営理念や病院のビジョン、
いわゆる<思い>の部分ですね。
ここが肝心であります。

それと他院との差別化ポイント、
これも重要です。

これは他院の欠点をあげつらうのではなく、
病院の存在価値に繋がる話しですし、
地域にとっても重要な観点ですから、
しっかり伺いたいです。

2についても上記と同様です。

やはり、
トップにしかわからない要素は必ずあります。

いくら優秀な事務長さんや採用担当者でも、
経営の事までは中々語れないと思うんですね。

だからこそトップが、
うちはこういうビジョンを描いていて、
こういう病院を目指していて、
患者さんに対して
こういう医療を提供する事を使命としている。

だからこういう医師に来て欲しい…と、
トップが語る事が重要です。

求人を出す時点でトップが出てくる事は
あまり多くありませんが、
だからこそ価値があります。
どんなコンサルタントでも気合いが入る事でしょう…。

3も重要ですよ。

どんな病院だって
マイナス点や弱点のひとつやふたつはあるものです。

それを隠して採用して、
結果短期間で退職なんて事になる方が良くないと思います。

ここはコンサルタントの伝え方の問題も出てきますので、
担当の能力や感性を見ながら伝えた方が良いかと思いますが、
私などは、
もう洗いざらい言って下さった方が
やりやすいです。

みなを求職者に伝える事はありませんが、
それだけ病院の事を知っている、
把握しているというのは
求職者への説明の時に自信が持てますし、
私自身も熱く語れる訳です。

この3点、現在医師の採用にお悩みの医療機関の方々は
是非、ご参考にしていただきたいです。

また、ホームページ上の求人の出し方や、
転職サイトへの求人の出し方などを見ていても、
もっといい書き方があるのになあ…と感じる事は多いです。

少しの工夫で反応は変わってきますからね。

どうすれば応募が来るのか?
応募者にYESと言わせる為には何が必要か?
結局は、ここを考えに考え、
試行錯誤している病院が
真剣である事は確実だと思います。

ただ、内部だけではなく、
時々外部の視点やノウハウを吸収する事は
大切だと思うのです。

真剣度合いが高ければ高いほど、
協力者も真剣になりますからね。

私も真剣に
医師の採用の為に頑張っている医療機関の為に
お役立ちできるように精進してまいります。

時には事務長さんに任せきり…
なんて病院もあります。

もちろんその事務長さんに
能力とモチベーションがあればいいのですが、
どうも私の見た所、
この事務長さんに問題があるケースも多いです。

やっぱり医師の採用にはトップが
極力関わるべきだと思っています。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事