1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 千葉県25年後の医療

BLOG

ブログ

医療業界全般

千葉県25年後の医療

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日、東京大学医科学研究所の上昌広先生が
実に参考になる資料を公開しておりました。

上先生は、
「医療をよくしたいと思い、
<現場からの医療改革>をモットーに努力しています。」
とおっしゃっており、
医療業界全体にとって
非常に有益な活動をされていらっしゃると思います。

今回は、2035年、
千葉県の
医師不足シミュレーションというものを
facebookにアップされており、
ご自由にお使い下さいとの事でしたので
当ブログでご紹介させて頂きます。

おそらく千葉県以外の各都道府県も状況は
似たり寄ったりだと思いますので…。

これから人口は減少する
→ 医師は増加する
→ だから医師不足などの問題は解消する
→ 果たして本当なのでしょうか?

いえいえ、そうではありません。

人口の構成比を見ると
明らかに高齢者が増加する訳で、
その分医療に掛かる方も増加する…。

がんや認知症の患者さんも増えるし、
亡くなる方も増える訳で
決して医師が余る事にはならない。

現場の医師が
長い労働時間を激務でこなさねば賄えない事も
現実としてあるようです。

医師の絶対数はまだまだ足りない…。

こういったロジックがグラフや表を駆使して
非常にわかりやすくまとめられています。

医療費を抑制し、
医師数を減らすという
誤った政策を続けてきた厚生労働省も重い腰を上げ、
ようやく現実に目を向け始めたのかなと感じます。

ただ、そうは言っても過去、そして現在も現場を軽視し、
政策ありきで行政を司ってきたのも事実です。

まだまだ油断はできないのだと思います。
しっかり監視していかねばならないのだと思うのです。

原発事故などを見ても、
政府や関連機関の発表は信頼性が低いことを
我々国民は理解しました。

マスコミ報道も
真実だけを報じているのではありません。

報道しないものにこそ
真実があったりもする訳です。

真に我々のサイドに立った方々が
発信する正しい情報を
きちんと収集せねばならないと思います。

医療崩壊とは医療者だけでなく、
我々一般の国民、そして我々の親や子供、
子孫達にも関わる事であります。

病気やケガをして病院に行く。
こんな当たり前の事が、
当たり前じゃなくなるのが医療崩壊です。

崩壊してからでは遅いのは自明ですよね。

我々一般の国民も、志のある方々を応援し、
医療崩壊を食い止める為の一助にならねばと考えています。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事