1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. 転職をした事のないコンサルタント…

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

転職をした事のないコンサルタント…

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

転職とは、人生のリスタート。

誰もがしなければならないものではないし、
する必要がないならしない方がいいとも思います。

しかし、時代の流れ、経営環境の変化、
また医療業界の場合は医療制度の変革などにより、
何十年も同じような働き方が
できなくなっているのも事実です。

だからこそ転職をせざるを得ないケースなども
大いにあるのではないかと思います。

ある意味では転職とは過去をゼロリセットし、
新たな人生を作り替える事でもあります。

私自身は過去4社、
現在5社目の会社に勤めております。

新卒で入社したシステム会社

営業職を志し入社した金融業界の会社

人材ビジネスを志し入社した士業専門の人材会社

吸収合併による資格学校への事業統合

医師専門の人材紹介会社

こんな経歴です。
転職は3回ですね。

一見、一貫したキャリアを築いていない様に見えますが、
私自身の中ではその時、その時にテーマがあり、
特に、「ヒト、モノ、カネ、情報の経営資源」に
関連する仕事をしてみたいという気持ちと、
営業職を通して対人に対しての強みを身に付けるという
2点に関しては意識して取り組んできたことであります。

もちろん正解も不正解もあります。

1歩を踏み出した事に良かったなあと思う時もあれば、
あの時踏み留まる事はできなかったかな…と、
多少の後悔の念があるのも事実です。

でも、その全てが
今の私自身にとっては良い経験です。

あれこれ思い悩んできた事の全てが、
現在は求職者の方に対するアドバイスや
気遣いに結び付いているような気がします。

先日、ある人材会社の管理職の方と
お話ししていました。

医療系の人材紹介もやっていたが、
今は医師の転職支援からは撤退し、
その他の医療系職種のみに
注力をしているとの事でした。

理由は、
「社員が若すぎて人生経験が浅く、医師には相手にして貰えない」と、
おっしゃっていました。

まあ、そりゃそうでしょう…。

医師のような超の付くほどの専門職で、
人生経験も豊富で、なおかつ人間というものに
日々向き合っているような方に、
若さと元気だけをパワーにした
コンサルタントが向かっても
太刀打ちできない気もします。

昨今、人材会社の中では
給料の高いベテラン社員を切り、
給料の安い若手社員を採用する風潮があります。

結果的にコストが下がり
経営的には利益を生み出せるようになってきているようですが、
求職者の満足度はどうなんでしょうか?

私が耳にする所では、
最近のコンサルタントの質は
下がっているなんて話しもあります。

ベテランだからいいとか、
若手だからダメとか、
経験豊富だからいいとか、
経験が浅いからダメとか、
キャリアコンサルタントには
実はあまり関係がないです。

でも、自分自身が
転職の経験がないコンサルタントってのは
いかがなものでしょう?

転職をする際に誰もが味わう不安…、
そういった時に
メンタル面をフォローするような力が
弱いのではないかと思います。

事実、ある医師に聞いた話しですが、
担当のコンサルタントが
自分よりも15歳も年下で、
世間知らずで、気遣いもなく、
この人にはお任せできないと思った…なんて話しも
伺いました。

社会人になれば、年齢や経験よりも、
能力やモチベーションの方が重要だとは思います。

ですが、あまりにも求職者を軽視した
経営はして欲しくないものです。

すでに、弊害は出始めていると思います。

少なくともコンサルタントを名乗るのであれば、
担当する業界の知識や
転職マーケットの知識は当然に身に付けて、
その上で求職者の皆さんに、
「安心感」と「信頼感」、
そして、「期待感」を持って頂かねばならないと思います。

どんな職種でも同様と思いますが、
突き詰めればそういった「人間力」が
とても重要であり、
そこにこそ「存在価値」があるのではないかと考えています。

転職とは

コンサルタントとは形のないものです。

だからこそ、サービスが目に見えないからこそ、
心の満足感が問われるのではないでしょうか?

顧客満足の追求。

それを抜きにした経営は誤りだと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事