1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. あなたに相談したかったと思われるコンサルじゃないとダメです!

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

あなたに相談したかったと思われるコンサルじゃないとダメです!

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

以前に下記のようなブログを書いた事があります。
顔の見えない人材紹介は嫌だ!

例えば、
実際に人材紹介会社に登録をしてみようと思った方が、
どんな手順を踏むか?ですが、

1、WEB上からの登録
2、メールでのやり取り
3、面談
4、仕事紹介
5、書類選考→面接→内定
6、条件交渉
7、勤務開始

このような形が一般的だと思います。

紹介会社によって
多少ルールの違いはあるでしょうが、
概ねこのパターンとなります。

弊社の場合は
極力ドクターの手間を削減して頂く為に、
できるだけ簡素化した形で進めますが、
中にはかなり詳細に渡って
登録作業が必要な会社もあるかとは思います。

そうは言っても私が最も肝心だと思うのは、
どんな人が担当のコンサルタントになるか?です。

ハッキリ言いますが、
この人材紹介という業種は
コンサルタントの能力やモチベーションによって
享受できるサービスに大いに差が付くのです。

ですから、誰が担当になるか?は
実に重要であります。

しかし、上記のルーチンの中で通常は、
”3、面談”に進むまでは、
どんな人が担当になるのか通常はわかりません。

わざわざ時間を作ってみたけど、
会ってみたらガッカリ…なんてケースも
多いのではないでしょうか?

これは人材紹介業が抱える
今後克服すべきテーマだと思いますが、
現状ここに切り込んだ施策を打っている会社は
残念ながらほとんどありません。

先日あるドクターから、
「小野さんのような仕事だけでなく
医師にとってコンサルタントってのは怖いものなんですよ。
だってピンからキリまでいるでしょう…。
変なコンサルタントに当たってしまったら
とんでもない事になりますからね~。」
なんて事を言われました。

でも、仰る通りだと思います。

こういう思いを払拭できない事で
ビジネスチャンスを逃しているケースは
きっと多いんでしょうね。

そりゃそのコンサルタントの何もかもを
事前に知らせるってのは難しいと思います。

しかし、最低限の人となりや考え方、
ポリシーや人材紹介業や医療に対する思い…。

そういうものは
事前に知らせるべきではないかと
私は考えています。

実は私がこのブログを毎日更新しているのも、
twitterやfacebookでツイートしたり、
交流したりしているのもその一環です。

「私」という1人のコンサルタントを
知って頂きたいという一念で続けています。

要は安心感を持って欲しいという事ですね。

少なくとも怪しい人間じゃありませんよ!って事だけは
事前に認識して頂きたい。

もちろんこういったものをご覧になって、
この人とは合わないと
ご判断される方もいらっしゃるかとは思います。

しかし、会ってから気付かれるよりは
時間も手間も掛からなくていいと思うんですね。
お互いに…。

実際に最近私がお会いした先生方との最初の会話は…、
「娘さん可愛いですね~」とか、
「いつもブログ読んでますよ~」とか、
「医療に熱い思いを持っていて嬉しいです」
などなど、
本来初対面では出てこない話題から
スタートする事ができています。

当然、それだけお互いに心を開いた面談ができますね。

私にはこの考えの善し悪しはわかりませんが、
少なくとも人材紹介会社として
目指すべきサービスのひとつだと思いますし、
コンサルタントとして自信があるなら
自らの事を発信すべきだと考えます。

なぜなら求職者の方々の事は個人情報も含めて、
キャリア、ビジョンと様々伺う訳で、
それを聞く側が自らのキャリア、ビジョンを
全く知らせないなんて事は
あってはいけないのではないかと思うのです。

少なくとも、私は
「あなたに相談したかった!」と
事前に思って下さる方を大切に思いますし、
「あなたに相談して良かった!」と思って下さる事を
目標にしています。

会社としての理念や
目標、ルールなどは当然遵守しますが、
それよりも何よりも
まずは私個人に関心を持って下さり、
この人になら相談しても良いかな?と
思って頂けるような情報発信が
これからの人材紹介には
必要不可欠ではないかと考えています。

言葉で私は医師の味方です!とか、
私は先生の為に!とか言うのは簡単ですが、
実際にやるのはそんな簡単ではないです。

だからこそ、本当にこの人に任せて良いのか?という安心感や
期待感を持って頂く事が必要だと思うんです。

その為にもコンサルタント自身の事を
オープンにする事は有益ではないかと思います。

私自身は、
これからも多くの皆さんのお役に立てるように
精進してまいります。

その為に日々情報発信してまいります。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事