1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. 上っ面な仕事しかしないコンサルタントの存在価値の薄さ

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

上っ面な仕事しかしないコンサルタントの存在価値の薄さ

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職コンサルタント歴13年の
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日お会いした内科の先生から、
「小野さんのお話しは、
とても熱意と説得力があり、
大変有意義な時間となりました。」
というメールを頂きました。

有難うございます。
感謝するとともに
より一層のお役立ち精神を持って
ご紹介に当たりたいと思います。

さて、実はこの先生との面談の中で
ちょっと気になる事がありました。

過去、弊社以外にも
何社さんか医師の人材紹介会社には登録した事があり、
面談をしてきたそうなんですね。

でも…
「いや~、私の将来の事とか、
医師としてどういうキャリアを積んでいきたいかとか、
そういう私の未来の事をお話し頂けたのは初めてです。」
とおっしゃったのです。

う~ん、私は帰り道に考えてしまいました。

同業他社さんはそういった話しをせずに
どんな話しをしているんだろうか…。

まさか、ひと通りの経歴を伺って、
まあ合いそうだという程度の求人を打診して…、
そんな低レベルのマッチングをしているんだろうか…と。

いや、恐らくそうなんだと思います。

むしろ私のようにその先生の未来を考える
コンサルタントの方が少数派なのかもしれません。
しかし…、残念な話しですね~。

確かに医師の求人状況は
圧倒的な売り手市場になっていますから、
言葉は悪いですが、
適当なマッチングをしても決まるでしょう…。

過去の経歴や経験、
そういったものを伺い、
専門性や条件だけをすり合わせて
マッチングする事は容易ですし、
表面上はそれでも問題はないのかもしれません。

でも、それではシステムで充分に代用が可能です。

コンサルタントとしては楽をし過ぎていますし、
こんな事をしてたら数年後には
人材紹介会社なんていらなくなってしまうでしょう。

転職とは究極的には
「人」対「人」の出会いの提供であります。

ひと昔前に<3高>という言葉が流行りました。
高収入、高学歴、高身長ですね。

では、それを求めていた女性が3高の男性なら
誰でもいいのかと言えばそうではない訳ですよね。

あ、この人は3高だからあの女性に合うな…
なんていうマッチングをしてはいけません。

表面上の条件だけでなく、
その内側にあるものとか、
優先順位とか、
もっと言えば感覚的なものや感性、
いわゆる情緒的な部分も含めて
マッチングはせねばなりません。

それをやろうと思えば、
その方の将来像やビジョン、
目指すべき方向性など
未来の話しを聞かねば成立しないと思うんです。

まあ、他社さんの事や
他のコンサルタントさんを
批判するつもりはありませんが、
医療の世界で仕事をするなら
もっと本気度が必要ではないかと考えています。

ある会社さんなどは、
人の紹介云々よりも自社の社員が
入れ替わり立ち替わりで定着しないなんて事も聞きますし、
トラブルばかりで病院と揉めてばかりいるなんて
会社の事も私の耳に入ってきます。

おいおい!って…。
しかも結構知名度のある会社だったりするし…。

「人の振り見て我が振り直せ。」

私はこういった会社、
コンサルタントさんとは一線を画し、
医療機関や医師が本当に求めているものを提供できるように
精進してまいります。
負けてたまるか!

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事