1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. 医者が考える「見事」な最期の迎え方

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

医者が考える「見事」な最期の迎え方

 

おはようございます。

 

医師の人生設計をベースにして

キャリアプランを元に転職や開業をご支援する

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

人生の終焉…。

考えたくもない事ですが、

考える事によって

人生を豊かで有意義なものにできるという

側面もあるんだと思います。

 

本日のブログのタイトルは、

『 医者が考える「見事」な最期の迎え方 』としました。

 

 

本書をピックアップした理由

『 医者が考える「見事」な最期の迎え方 』

保坂 隆 角川ONEテーマ21 を読みました。

 

別に私自身は「死」というものが

身近な訳ではありませんし、

何か考えるきっかけがあった訳ではありません。

 

しかし多くの医師と深い話しをする中で、

知っておくべき、

考えるべき事であると感じる事が多くて

時々勉強しております。

 

私たち人類が絶対に避けられないもの。

 

どう受け止めるのか?

どう捉えるかによって

全然違うものになると思うんですよね…。

 

先日訪問診療をされている先生と話した時には、

覚悟ができている方と

できていない方ではまるで違っていて、

覚悟ができている方の生き方は、死に方は

尊敬に値するとおっしゃっていました。

 

ふむ…。

何となくわかります。

 

私自身も自分の人生をより良いものにする為に

本書を手に取った次第です。

 

目次

第1章 よい「死」は、よい「生」の先にある

第2章 明日死んでも後悔のない生き方をする

第3章 死について、もっとオープンに話し合おう

第4章 いい死を迎えるためにやっておきたいこと

第5章 人生を美しく完成させる死

 

感想

う~ん、スゴイ本です。

著者の博学ぶりが書いている内容を

2倍、3倍に膨らませています。

 

著者の主張もただでさえわかりやすいのですが、

それに加えて豊富な事例…。

これがさらにわかりやすさに拍車を掛けます。

 

すでにお亡くなりになった方々の死の受け止め方、

仏教をはじめとして宗教的な観点、

偉人たちの生きざま、死にざま、

哲学的なアプローチ、

よくぞここまで多様な展開で

死という非常に重い命題を

自然に受け止めるべく導いてくれました。

 

必要以上に深刻に受け止めるでもなく、

だからと言って軽々しく受け流すのでもなく、

一般人がちょうど良く実感できるところで

考える事ができるように上手く導いてくれます。

 

よく言われる事ではありますが、

「死」を意識する事によって

「生」が充実するというのは

やっぱりあると思うんですね。

 

現代人はあまりにも「死」が

日常から遠ざかってしまったので、

それこそ自分や家族が死の淵に行くような事がないと

なかなか実感として

「死」について考える事ができません。

 

しかし医師や看護師を始めとする

医療・介護従事者は

私たち一般人の代わりとなって

「死」の最前線で働いている訳ですね。

 

だからこそ私たちよりも「死」について

身近であり、だからこそ考えが深くなるのでしょうね…。

 

本書に書かれている事例のひとつひとつが、

いずれ自分の人生の最終盤に役立ちそうな気がします。

 

評価

おススメ度は ★★★★☆ といたします。

 

別に積極的に「死」について

考える必要はないと思います。

 

普通は何かのきっかけがあった時に、

ふと考え始めるものではないでしょうか?

 

本書はもし考え始める機会があった時に読むと

その深さに気づけると思うのです。

 

ただ人生というものを中長期的に考えると

自ずと死から逆算する事もありますよね。

 

そんな時に本書を読むと、

きっと充実した生が手に入ると思います。

 

死ぬと思えば大概の事ができてしまうでしょうし、

死を比較対象とした段階で

それよりも難しい事はそうないですからね…。

 

それでは、また…。

 

<人生について書いた過去記事もご覧下さい!>

人生の転機では意外と「直感」って大事です!

ベテランドクターだからこその人生設計!

 

医師キャリア相談

 

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 NEWコーポレートサイト

医師向け情報提供IBIKENサイト 医療ビジネス健全化協議会

ジーネット㈱ twitterアカウント

ジーネット㈱ facebookページ

 

いいね!と思ったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事