1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師キャリアプラン
  4. 医局を離れる決断!

BLOG

ブログ

医師キャリアプラン

医局を離れる決断!

大学医局 退局 研究 教育 臨床 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

え~、相も変わらずタイトルが先行してしまい、
どう書くべきか悩んでおります…(苦笑)

医局を離れるという事は
医師にとって大変な決断だと思います。

ですので、「医局を離れるべきかどうか?」という
ご相談が入っても、
私自身はかなり慎重に対応しております。

なぜなら、この応えは個人個人によって
間違いなく違うからであります。

離れた方が良い先生もいれば、
離れない方がいい先生もいると思うんですね。

人材紹介会社としては、
1人でも多くの医師を確保し、
新たな職場を紹介する事で売上が上がる訳ですから、
本来は医局を離れて民間病院で
待遇アップとやりがいを獲得しましょうなどと
言うべきなのでしょうが、
それでは医師という公共性の高い職業の方々を
支援する人間として失格だと思ってます。

私は医局を離れた方が良いと思う先生として
下記のようなケースがあると考えています。

・開業志向が強く、ある程度の計画を持っている。
・新たな領域への関心が高く、方向性が明確に描けている。
・プライベートの充実を望んでいる。
・高待遇や自由度への欲求が高い。
・医局の体質に幻滅している。

逆に医局に残った方が良いと思う先生は下記です。

・研究が好き、または研究に未練がある。
・人に教えるのが好き、教育者としての素質がある。
・まだ自らの医師人生の方向性が描けていない。
・現状にやりがいを持っている。
・教授になりたい。大学が好き。医局が好き。

いかがでしょうか?

そんなにおかしな事は言っていないと思いますが、
このようにまとめてしまうと
あくまでも一般論になってしまう訳で、
例えば離れた方がいい方と残った方がいい方の
両方に該当するなんてケースもある訳で、
その意味では、本当に個人個人の先生のビジョンや
様々な事情を聞いてみないと何とも言えませんね。

私自身も、考えれば考えるほど様々なケースがあり、
上に示したものも一概に
これが正しいとまでは言い切れないとも考えております。

いずれにしても自分自身の棚卸しと
医師としての人生をどうしたいのかのビジョン。

この2点があやふやなままでは
決める事すら難しいのだと思います。

おいしい話しに飛びついて後々後悔したり、
再度頭を下げて出戻るなんて話しも聞きますので、
やっぱり決断を下す前には
しっかりと自分自身と向き合って考え抜く事が
必要なのではないかと考えております。

大学医局 退局 研究 教育 臨床 ジーネット株式会社

人生に選択肢は複数あった方がいいと思います。

時々、医局を出る事を優先し過ぎて、
なぜ出たいのか?
出た後にどうしたいのか?が
不透明な方もいらっしゃいます。

おそらく大切なのは出る事ではなく、
その先に何をするのかだと思うのです。

出ると決めてから相談するのではなく、
出た方がいいのか?
それとも出ない方がいいのか?
出るとしたらどのタイミングなのか?
その段階でご相談頂けると
良きアドバイスができるかと考えております。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事