1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. ある医療機関で医師の面接に同席した話し

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

ある医療機関で医師の面接に同席した話し

医療機関 医師 面接 同席 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私は余程の事がない限り
面接に同席する方針でいるのですが
先日同席した面接は非常に興味深いものでした。

すでに人材業に従事してから10年を過ぎている私は、
今まで同席した面接はどう少なく見積もっても
500件はあるはずです。

さすがに数えた事はありませんから
何とも言えないですが、
1000件を超えていてもおかしくないですし、
ひょっとするとすでに2000件、
3000件を超えているのかもしれません。

要はかなりの数の面接に同席しているという事で、
そんな私ですから、
そんじょそこらの面接では驚いたりしないのですが…。

で、先日の面接ですが、
最初に簡単な挨拶を交わし、
お互いに着席をした後の面接官の第1声が、
「○○さんはさあ、どういう人なの?」ときました…。

え!いきなり?と私は驚いたのですが、
それに動揺する事なく的確に返答していた
求職者には、なお驚きました。

企業の面接は、
そこそこの規模であれば1次面接が人事担当で、
2次面接以降に
それなりの役職者が出てくるパターンが多いです。

中小企業ですと1次面接=最終面接で、
いきなり役員や社長が出てくるケースが多いですね。

これは医療機関も似ておりまして、
大手の医療法人や規模の大きな総合病院では
1次、2次と複数回面接を行い、
その都度面接官の役職も上がっていきます。

中堅から中小の病院や診療所などでは
院長や経営者など責任者が
最初からご対応下さいます。

前述の面接はクリニックさんでしたので、
面接官は院長でした。

「○○さんはさあ、どういう人なの?」
という質問が来た時に、
私は一瞬圧迫面接か?とも思ったのですが、
そうではなく、あくまでも面接で見たいのは人間性なんだ、
貴方がどんな人で、
どんな事を考えていて、
何ができて、
何をしたいのかを知りたいんだよ、
という背景があった事に、
後々気付く訳なのですが
いきなりどういう人なの?っていう質問は
非常に興味深く感じました。

そして、おそらく面接の冒頭にこの質問が来たら、
多くの人が戸惑うのではないかと思います。

面接慣れしている私でも
しどろもどろになりそうな気もします…。

ところが今回の求職者さんは
まるでこの質問を予測していたかのように、
仕事面、プライベート面など上手く伝えていました。

私って○○な人間なんです…って
応えるのはすごく難しいと思うんですけどね~。

ただ結果的に言うと隣で見ていても
非常に良い面接になり、
お互いの理解度が
非常に高くなったのではないかと思います。

面接の仕方に正解はないですし、
ナントカ理論のようなものを活用したからといって
確実に相手を把握できるなんて事はまずありません。

意外とこの方法使えるかも…と思った
面接でありました。

医療機関 医師 面接 同席 ジーネット株式会社

経歴や経験などは
ある程度応募書類で把握できます。

書類選考をした上で面接に進む訳ですから、
面接では書類では把握できない点を
追求したいものですね。

これだ!という正解なやり方がない分だけ
知恵と工夫でいろんなやり方が
できるのではないかと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事