1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師の高待遇求人をどう考えるか?

BLOG

ブログ

医師転職

医師の高待遇求人をどう考えるか?

医師転職 医師求人 高待遇求人 高年収求人 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私自身も高待遇求人という言い方はしているのですが、
ふとこれってどうなんだろう?と疑問に感じました。

医師の転職に関わる各社のサイトを見ても、
どこもかしこも高待遇の求人が
数多くありますという言い方をしています。

高待遇とは、
高収入も含まれると思いますが
イコールではありません。

高収入以外の諸条件や
福利厚生なども含まれると思います。

そりゃ転職する際に
待遇はいいに越した事はありません。

これは別に医師に限った話しではなく、
どんな職業でも一緒です。

明らかに待遇が下がるのに
転職をするなんてのは余程の事がなければ
できるものではないですよね。

私自身多くの医師から
希望条件を伺っていますが、
考えてみれば高収入を
何が何でも実現したいという先生は
ごくごく少ないです。

皆さんご自身の目指している
方向性を実現したい、
その1歩を踏み出したい、
やりたい仕事に就きたい、
経験を深めたい、
プライベートな事情を
受け入れてくれる所で思う存分働きたい、など
あくまでも仕事の中身を
第一に考えていらっしゃいます。

その上で収入が上がればいいな、
現状維持なら充分、
多少下がってもやりたい事がやれるなら致し方ないな、
というスタンスをお持ちです。

大幅減を許容する先生は
さすがにいないと思いますが、
収入はある程度確保できれば良くて、
それ以外に実現したい事がある訳です。

また、その他の条件や福利厚生なども飛び抜けて
他院よりも素晴らしい条件提示をする
医療機関などあまりなく、
総合的に見ると
それほど大きくは変わらないと思います。

という事は、高待遇求人って何なんだろう…と
益々不思議に思います。

確かに給与が相当にいい求人はあります。

しかし、だいたいにおいて
その求人には何らかの事情があります。

事情があるから
高収入を前面に打ち出して
関心を惹こうとしている訳です。

もちろんこの事情の中には、
僻地の医療を守る為に
何が何でも医師を確保せねばならず、
年俸5000万円なんて、
とてつもない高条件を出している所もあり、
これはこれで良い悪いではなく事情は理解できます。
(実際に年俸5000万円で勤め始めた方も
すぐにお辞めになってしまったりしているのが
現実のようですが…。)

やっぱり収入というのは必要条件であり、
絶対条件ではないのだと思います。

もちろん生活するのに
汲々とするような収入では困りますが、
普通に考えれば医師の給与はそこそこある訳で、
その意味では医師特有の事情かもしれません。

ですが、医師という公共性の高い職業の場合は
それで良いと思いますし、
夜間も当直で勤務したり、
休日も学会や各種の勉強会に参加して、
最新の医学知識を身に付けたりしている状況を鑑みると、
それも当然と言ってもいいでしょう。

あくまでも、ある一定水準を
確保できるという前提ではありますが、
そう考えると益々高待遇求人を打ち出す事の意味が
薄くなる気がします。

転職の際に求めるものは
医師でもどんな職業の方でも
個人個人でかなり違います。

それだけ多種多様な転職の形があると言えます。

その時に高待遇求人!と打ち出してしまう事は、
もしかすると求職者の目を誤らせる事にも
繋がるのではないかとも考えます。

まず私自身が高待遇求人!という打ち出し方を止めて、
もっと個人個人のニーズに近い
アナウンスをしていかねばならないなと思っております。

医師転職 医師求人 高待遇求人 高年収求人 ジーネット株式会社

そうは言っても
待遇は良いに越した事はない訳で、
そこは求人側との交渉なのでしょうね。

交渉力には自信がある私ですが、
さらに磨きを掛ける必要もあるのだなとも感じております。
ん~、まだまだ精進です。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事