1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 事前に聞いていた内容と雇用条件が違う!?

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

事前に聞いていた内容と雇用条件が違う!?

医師転職 雇用条件 医療崩壊 医師不足 ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
キャリアプランを提供している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

たまたまなのかもしれませんが、
ここ1ヶ月くらいの中で
同じような話を伺いましたので、
ブログに書こうと思います。

条件が違う…。

要は、事前に聞いていた話と
いざ内定が出て契約を締結しようとした際の
条件内容が食い違うという事ですね。

まあ、よくある話しと言ってしまえばそれまでですが
非常に悲しい出来事だと思います。

私は3名の医師から伺いました。

もちろんこの件には私はタッチしておらず、
ご自身で転職活動をしてみたら
このような事になってしまったというお話しです…。

普通内定が出れば、
現在の職場に退職の意思を伝えるでしょうから、
その後に条件の食い違いが発覚しても、
今さらやっぱり辞める事を止めますとは
言いにくいものです。

苦虫を噛みながら一旦はお世話になるか、
投げ出してリスクを負って再度の転職活動をするかしか
選択肢がありません。

ひどい話しです。

私がお話を聞いた先生方は
一旦お世話になる事を決断しましたが
こんな信頼関係を築けない職場では
そう長くはいれない事でしょう。

まず私は医療機関側に猛省を求めたいです。

こんな事をしているから
いつまで経っても定着率が上がらずに、
医師やコメディカルは退職してしまうのです。

そして結果的に再度の採用活動をして、
また同じような事を繰り返すのでしょう。

医療機関もサービス度の向上が求められるようになってきましたが、
実際にサービスするのは医師やスタッフです。

その方達の意欲をなしに
サービスなんて向上できません。

CSマインド(顧客満足度)の重要性は
巷で浸透してきていますが、
ESマインド(従業員満足度)との両立をしなければ
いずれ衰退し、絵に描いた餅になってしまう事でしょう。

許し難い事です。

また、こういった事が起こらないように
我々のようなプロの存在意義があるのだという事も
是非知って頂きたいです。

医師は医療のプロフェッショナルですが、
転職のプロではありません。

当たり前の事ですが、
例えば医療者でない私が
自分で自分の症状を判断し、
自分で処置や薬を選んでは治るものも治らないでしょう。

それと同じ事をやってしまっているんですね。

特に転職における雇用条件は交渉次第で変わるものです。
この交渉はまさにプロがすべきものだと思います。

昨今、プロ野球選手やサッカー選手が代理人を付けて
年俸交渉するのは食い違いが起こらないように、
交渉を有利にする為だと思うんですね。

もちろん代理人の資質、
コンサルタントの能力。

そういったものによって得られる結果は違いますが、
少なくとも事前の説明とは違った条件提示を受けるなんて事は、
防止できるのではないかと思います。

今回の方の内の1人は、
もしかしたら数ヶ月後には再度転職するかもしれない、
その時は是非お手伝いして下さいとおっしゃっていました。

その際には全力投球を致しますが、
医療界に関わらず、
こういう出来事はなくしていかねばならないと思いますし、
その為にも自分なりにできる事をしていきたいと心底思いました。

医師転職 雇用条件 医療崩壊 医師不足 ジーネット株式会社

もし私がこの件に関わっていたら
怒鳴り込んでやりたい気分です。

ただでさえ医師不足と叫ばれ、
それがそのまま患者にとっての不便に繋がる訳ですから、
医療機関にはもっと医師を大切にして欲しいと思います。

もちろん経営面での苦しさもあるのでしょうが、
だからと言って嘘が許される訳ではありません。

医療崩壊は
実は内側にも要因があるのではないかと思います。
何とかしたいです。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事