1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 医師にとってのポータブルスキル!

BLOG

ブログ

医師転職

医師にとってのポータブルスキル!

医師 ポータブルスキル テクニカルスキル ヒューマンスキル ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
キャリアプランを提供している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

良く言われてきた事ではありますが、
日本型企業の強みであった
年功序列、終身雇用、企業内組合が崩壊したと
言われて久しいです。

実際にどうなのかはわかりませんが、
私も今さら年功序列や終身雇用に戻るのが
いいとは思えません。

だからこそ個人として
どこに行っても通用するスキルを持つ事が重要ですよ…と
言われ始めて出てきたのが今日のタイトル、
ポータブルスキルですね。

この持ち運び可能なスキルを
若い内にどう身につけるのか?

若手ビジネスマンなどは
ここに躍起になっているのではないでしょうか。

さてこれを医師に当て嵌めてみると
ある意味では最強のポータブルスキルを
身に付けていると思うのです。

そもそも医療とは、
A病院とB病院で提供する内容が
それほど異なるものではありません。

もちろん多少のレベルの差や
方針の違いというものはあるでしょう。

医療機器や設備にも違いがあるでしょうし、
理事長や院長の方針は大きいですしね。

また医師によって
診察結果が違うという事はあるかもしれませんが、
ある医師がA病院で診療しても、B病院で診療しても、
ほとんど変わらない診療をする事と思います。

どこの病院に行っても通用するスキル。

医師は超の付く程の専門職な訳で、
医師である事が
既にポータブルスキルを持っているとも言えます。

では、医師の中でも
さらに専門性を追求した先生はどうでしょうか?

もちろん他の先生にできない事ができるというのは
強みではありますが、
実際の求人市場では
そこまでのスキル、経験を求める事はあまりなく、
むしろ○○がやりたいという事自体が
求人の幅を狭める事にもなってしまいます。

だからと言ってこれが悪い訳ではなく、
ピンポイントな採用を目指す医療機関や、
提案型の求人獲得ができる人材紹介会社では
とても重宝される事になるでしょう。

では、医師のポータブルスキルとは
何の事を指すのでしょうか?

私は情緒的な話しになりますが、
いわゆる人柄であったり、
コミュニケーション能力であったり、
周囲との協調性ではないかと考えています。

実際に求人の聞き取りをしていると…

「他科の先生と波風を立たせない先生がいいなあ。」

「患者さんへのフレンドリーな対応をお願いしたいなあ。」

「メディカルスタッフとも協力してチームとして動ける先生がいいなあ。」

なんてご要望を伺う事も多いです。

つまり、医師の場合は、
テクニカルなスキルに関しては、
一定の担保ができている訳で、
ごく一部の専門領域を除けば、
むしろヒューマンスキルを求められる事が
多いのではないかと思うのです。

医師 ポータブルスキル テクニカルスキル ヒューマンスキル ジーネット株式会社

最近、求人の聞き取りをしていますと、
「実は大学から派遣されていた先生方が
引き揚げられる事になってあわてて募集を開始したんだ」
とか、逆に
「もう大学医局に頼っていられないから、
自院で採用できるように組織改編をしたんだ」
なんていうお話を伺う事が増えています。

良くも悪くも大学医局という
寄らば大樹の陰が崩れつつある中で、
医師1人1人も冷静かつ客観的に、
自らのスキルを把握していく事が
必要になってくるのではないかと考えています。

意外と専門職の方は、
周囲も専門職だらけな環境にいる為に
ご自身の価値が把握できていない方がいらっしゃいます。

自分の価値というのは
高くもなく、低くもなく、
他者の視点に立って
認識しなければならないと思うんですね。

そんなお手伝いもしながら、
その先生にマッチする求人を紹介するのが
我々医師専門の人材紹介会社の役割なんだと思います。

医師のポータブルスキル、
ヒューマンスキル、テクニカルスキル。

これを冷静に見極めて、
ご本人、医療機関に喜んで頂ける
マッチングができるように
今後も精進してまいります。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事