1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. なぜ医師不足なのか?

BLOG

ブログ

医療業界全般

なぜ医師不足なのか?

医師不足 専門医不足 僻地離島医療 勤務医不足 ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
キャリアプランを提供している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先日、医師不足について
非常にわかりやすく
まとめてある文章を見つけましたので、
ここにご紹介します。

1、産科、小児科、麻酔科、監察医、さらには終末期緩和医療、
あるいは腫瘍、感染症などに携わる専門医の不足

2、僻地、離島などでの医師不足

3、地方の病院での医師引き上げ、派遣中止

4、勤務医の相次ぐ退職

5、実態とかけ離れた登録届

おそらく医療者の方々や
医師不足について知識のある方にとっては
ごく当たり前の事でしかないと思います。

しかし医療者の中では当たり前でも、
一般の方にはあまり知れ渡っていないのも事実です。

是非、一般の方にも問題意識を持って頂きたいですし、
医療者と一般の方(つまり患者側)が
共通認識として政治や行政に強く訴えていかねばならないと
私は考えていますので、
時々こういった問題についても取り上げさせて頂きます。

医師不足については
完全な厚生労働省のミスだと思ってます。

そしてその責任を回避する為に、
医療現場に責任を負わせているのが
現状だとも思っております。

要は国民を騙し、
ミスリードしている訳ですね。

国民は地元の病院が倒産したり、
ある診療科が閉鎖したりして、
ようやく気付くという有様です。

小児科が閉鎖されても、
子供がいない方には痛くも痒くもないのかもしれません。

産婦人科が閉鎖されても、
男性はあまり意識しないでしょうし、
女性でも妊娠したり、
婦人病を患ったりしていない限りは
あまり認識がないのかもしれません。

また救急科が閉鎖されたって
救急車がたらい回しされて
何らかの事故が起きない限りは
問題視されません。

しかし、本当に本当に困る方だって
大勢いるのも事実ですよね。

困って、問題になって、
さてどこに責任があるのかと考えた時に
なぜか医療者の責任になってしまっています。

これなどは行政の狡さでしかないと
私などは考えているのですが、
もうそろそろ我々一般人がその偽りに気付き、
医療者と一緒になって
声を上げていかねばならないと思うんです。

「たとえ忙しくても、
訴訟のリスクが大きかろうとも、
医療過疎地に飛び込んでいって
世のため、人のために働けよ。
医者なんだから」
という考え方は、いささか無理があります。

冒頭紹介した文章の続きは、
こう語られています。

そして…
倫理にすり替えて
制度矛盾を乗り切ろうとするには限界があり、
教育、経済、そして医療、福祉と
多角的、包括的見地からの制度改革が
ここでも問われているのです。
とまとめています。

その通りだと思います。

第一私が知っている限り、
医師の倫理観は非常に高いです。

社会全体の倫理観が
医師の倫理観より高いのなら
いくらでも文句を言っていいのでしょうが、
日々遭遇する眉をひそめるような出来事は
倫理観の欠如としか言えず、
そんな社会が医療者をまるで敵視するかのように求めても、
これ以上は無理でしょう。

だいたい求める先が
根本から間違っているのですから、
問題の解決にはまったくなりません。

医師不足によって
現場の医師は益々の過重労働になっています。

そして医師不足の最大の犠牲者は
我々一般の国民(つまり患者)であります。

何かというと医師の責任を追求し、
医師に求めてばかりの時代が続いてきましたが、
そろそろ問題の本質を見極め、
医師と一体となって、医療現場を守る、
つまり現場にいる医師と患者の為になる
制度設計をせねばならないのではないかと思います。

医師不足 専門医不足 僻地離島医療 勤務医不足 ジーネット株式会社

自分の子供が、自分の愛する人が、
自分を育ててくれた人が、、、
そんな方々が病に倒れた時に
症状に応じた医療を受けられなかったら
物凄い憤りを持つと思うんです。

何の為に健康保険料を支払ってきたのか…
わからないですよね。

でも、今のままでは、
その責任は現場の医療者になすりつけられていて、
訴訟を起こしたり、
モンスターペイシェントになって
文句を言ったりするのでしょうが、
一向に問題は解決されないどころか、
医療崩壊は益々進行しています。

つまり問題は別にあるという事です。

そもそもの制度や制度を
設計する側に問題があるという事です。

もちろん医療者側に問題があるケースも中にはありますが、
あくまでもごく一部だと思います。

多くの方に早く気付いて欲しいです。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事