1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 増え続ける医療費!?

BLOG

ブログ

医療業界全般

増え続ける医療費!?

医療費 診療報酬 医師の働き方改革 ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
キャリアプランを提供している
ジーネット株式会社の小野勝広です。

皆さんご承知の通り、
医療費は増え続けていると言われています。

小さくて見づらくすみません。
↓こんな感じです。

何となくの傾向は把握できるかと思います。
当然これでは財政的に厳しくなってきますね。

収入が増えないのに
支出が増え続けている訳ですから、
財政状況は赤字になります。

こんな状況の中で行われたのが
自己負担率の増加です。

つまり病院で我々が支払う金額が増えたという事です。

ついでに言うと、
健康保険を負担する事業主の負担分も増えていますし、
医療者側への支払いは
診療報酬によって縮小されています。

患者側、事業主、医療者と
それぞれが負担を増やしています。

これは財政状況が赤字な訳で、
医療制度を継続する為には致し方ない事ではありますが、
もうひとつ医療費は政府の財政出動という形の負担もあります。

この公費による助成ですが、
日本では医療費の30%強程度と言われていますが、
米国では40%弱、英国では70%超となっており、
国際的にも日本はかなり低い水準なのだそうです。

我々1人1人の国民のお金が、
健康保険や税金という形で
政府や健康保険組合に流れ、
それを分配している訳ですが、
どうやらそれだけでは、もう足りない事は明白です。

超高齢化社会が到来し、
医療に掛かる高齢者は増えています。

そして、それを支えるべき
現役世代は減ってきています。

こんな状況では
当然財政状況は改善など見込める訳もなく、
益々の患者側の負担、事業主の負担、
医療者側への支払減などが予想できます。

いえいえ、ただでさえ
消費税を上げようとしている中でもあり、
これ以上国民を痛めつけてはいけないと思うのです。

私は公費による助成を他国並みに上げるのが
いいのではないかと考えています。

今まで医療費が上がり続けている事だけに
フォーカスされていましたが、
それは事実だとしても
国家が国民の為に負担する医療費については
後回しにされていました。

まあ国家の財政も余裕はありません。

だからこそ消費税を上げようとしている訳ですが、
ちょっと待てと言いたい。

要はですね、
国家の無駄遣いがあまりにも激しいと思うんです。

まず国家予算における
医療費の助成割合を増やすべきだと思います。

そして、その為に他省庁の予算を削るべきです。

公務員の給与削減なんて
小さな事をやるのではなく、
全省庁の予算を削ってしまえばいいのだと思います。

全省庁が一律で○%の予算を削減する。

たったこれだけで
どれだけの余剰資金ができる事でしょう。

それを医療や年金といった財政に回して欲しい。

安心して医療を受ける事ができる環境を作り、
全省庁の予算を削り、
もちろんここには政治家自らも
身を削らねばならないと思いますが
その上で消費税を上げるなら
まだ理解はできます。

しかし現状ではあくまでもポーズのような
小さなカットしか実現しておらず、
このままでは増税分が何に使われるかもわかりません。

医療、福祉、年金と
今まで本当にデタラメな制度、
運用だったと思います。
これからもデタラメを許す訳には行きません。

医療費なら医療費だけを見ると騙されます。

国家全体の予算の中の
医療費を見ていかねばなりません。

まだしばらくは医療費は増え続けるでしょう。
これは致し方ありません。

しかし、この増加分を医療費の中だけで考えるのではなく、
国家予算全体の中から振り向けねばならないと思います。

震災の復興という多額の資金が必要な時期でもありますが、
戦闘機を買ったり、
ODAで援助したり、
各省庁の無駄遣いを抑えれば捻出できる資金は
まだまだあると考えています。

勝手な事を言っていますし、
もしかしたら誤った認識を持っている部分もあるかもしれませんが、
医療費が増えているという事だけが
フォーカスされている現状には
非常に危機感を持っています。

官僚の騙しのテクニックに
踊らされないようにしたいものです。

医療費 診療報酬 医師の働き方改革 ジーネット株式会社

ひとつすごく違和感を感じるのですが、
政治生命を賭けて消費税法案を通すという
野田首相の意気込みです。

本来、消費税を増税する事に
意義があるのではなく、
消費税を上げた事で得た税収を何に使って、
何を実現するのか、
ここが大事だと思うんですね。

でもそれが見えてこない…。

首相本人がそれを言っていないのか、
言っていてもメディアがそれを報道していないのか。

いずれにしても、
本質を見誤るような誘導をしている気がします。

国民の生活を守る事が
政治や行政の役割だと思うんです。

それが実現できないなら
存在価値はゼロですね。
何だかなあ…と思う日々です…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事