1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の働き方
  4. プライベート優先の医師の転職の是非!?

BLOG

ブログ

医師の働き方

プライベート優先の医師の転職の是非!?

医師 プライベート 家族

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

世代間ギャップ…。

こればかりはいつの時も、
どうしても存在するものですね。

有名な話しでは、
4000年前に作られたピラミッドの壁画にも
最近の若い者は…という文章があったとか。

私自身も気を付けなければならないなあと思いつつも
間違いなくおっさん化しておりますので、
自然とギャップはあるんだろうなと自覚はしているつもりです。

時代は常に変わるのですね~。

さて、ひと昔前の医師にとって転職をするとか、
医局を離れるというのは、
開業を除けば
相当に勇気のいる事だったのではないかと思います。

大学医局の人事に従うというのは、
それぐらいに当然の事だったでしょうし、
病院の求人情報が
今ほどオープンにはなっていなかったでしょうから、

転職するのは
大変な事だったのだろうなと想像できます。

昨今では、私どものような医師を専門とした
人材紹介会社も数多くありますし、
WEB上では医師の求人など
かなりの数が苦もなく見つかります。

医師の求人サイトもいくつかありますしね。

ニッチな世界での転職を目指すとか、
相当の高待遇を求めるとか、
自分の夢の為には絶対に妥協はしないとか、
という事でなければ、
転職する事は難しくない時代です。

以前、ある先生から
ご相談を受けた時の話しなのですが、
この先生のご希望は、

・家族との時間の確保
・医師を離れた地元への地域貢献に割く時間の確保
・住みたい場所から通勤圏内にある病院
との事でした。

もちろんこれだけではなく、
求める病院像や望む医療、
そして収入なども条件があったのですが、
優先的に実現したいのは上記との事。

私は決しておかしくないと思いましたし、
優先順位が割とハッキリしていましたので、
ご紹介はしやすいなと思っていたのですが、
この先生は…

「すみません。プライベートな事情ばかりで…。」と、
ご自分を卑下するような事をおっしゃいます。

いえいえ、
そもそもは急性期の忙しい病院で長年勤めてきた訳ですし、
オンコールや当直だって率先して引き受けてきた訳ですし、
今までプライベートを犠牲にして
身を粉にして働いてきた訳です。

ある時点で生活にゆとりを持とうとする事は
決して悪い事ではないと思うんです。

もちろん必ずしもそうしないといけないものではないと思いますし、
定年まで忙しい環境に身を置く先生だって
たくさんいらっしゃるとは思います。

人生いろいろ…でいいかと思うんですね。

もしかしたら、
そんな人生を批判する人もいるのかもしれません。
否定したがる方もいるかもしれません。

でも人生というものは1度きりですし、
安易な発想でそれを望んだのではなく、
悩みに悩んで、考えに考えた上での事であれば
堂々と胸を張っていいと思います。

両親に介護の必要が出てきたり、
お子さんが生まれたり、
ご自身の体調に不安があったり、
どうしても時間を取って学びたい事が出てきたり、
そんな時はそれを優先しても良いと思うんです。

もちろん優先しなくても良いとも思います。

同じ悩みでも、
下す決断は人によって違います。

こうしなければならない…。
こうであるべきだ…。

そういう考え方ばかりでは
疲れてしまいますからね。

プライベート優先の転職。
いいと思います。

人それぞれ、
タイミングや環境によって違う形がありますし、
その様々な形に柔軟に対応して、
喜んで頂きたいなあと心より思っています。

医師 プライベート 家族

転職の際に大切なのは何を優先するのか?を
明確にする事だと思います。

逆に最も困るのは
優先すべきものが決まっていないケースです。

これが最優先だ!というものが
明らかな場合は転職は成功しやすいと思います。

その優先したものが
どうこうと言う権利があるのは自分だけでしょう。

1度きりの人生ですから、
後悔しないように歩んでいきたいものですね。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

関連記事