1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントプライベート
  4. お医者さんの罪な話 患者さんの笑えぬ話

BLOG

ブログ

コンサルタントプライベート

お医者さんの罪な話 患者さんの笑えぬ話

永井明 お医者さんの罪な話 患者さんの笑えぬ話 ジーネット株式会社 医師キャリア

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
求人しか提供できない紹介会社とは一線を課し、
相談から条件交渉まで一貫してサポートする
ジーネット株式会社の小野勝広です。

「お医者さんの罪な話 患者さんの笑えぬ話
-ぼくが診察室で言いにくかったこと」
永井明 青春出版社 を読みました。

永井明 お医者さんの罪な話 患者さんの笑えぬ話 ジーネット株式会社 医師キャリア

少し古い本なのですが、
非常に面白い本でした。

まずは目次ですが…

第1章 医者も患者もあいまいにしていた薬のこと
-嘘のような本当の話
第2章 わかるようでわからない検査の数字
-データがあてにできないその理由は
第3章 「様子を見ましょう」という診断の意味
-あやしい言葉を通訳すると…
第4章 いちばん気になる最近の病院の事情
-ウラを知っているから、なお不安なこと
第5章 何が怖いっていまどきの病気の真相
-疑問と謎を明らかにする
第6章 信じていいの?最先端の医療の話
-ぼくらはどこまで救われる

と、このようになっています。
内容はわりと一般の方向けに書かれたのだと思います。

著者がわかりやすく書いているのが
何となく理解できます。

医療者の方から見ると、
ひと世代前の情報に思われたりするかもしれませんが、
一般の方が医療を理解しようと思った時に
読む本としては最適だと思います。

私は著者のスタンスがいいなと感じました。

実際に医師として医療に携わってきた経験から、
患者側が口に出せないまでも
感じているだろう疑問、質問に答えてくれています。

ただ、医療者を代表して答えているというよりは、
ちょうど医療者と患者側の真ん中に立って、
両者の事情を理解しながらこうなのではないか?と
ひとつの考え方を提示してくれているような、
そんなスタンスで書かれています。

目次にあるような
薬の話し、検査の話、診断の話しなどは
医療者が専門性を発揮して答えようと思えば
相当ハイレベルな話になってしまうと思うんですね。

この本では、誤解のないように、
丁寧に説明してくれており
非常に好感が持てました。

つまり医療を特別視するのではなく、
もっとざっくばらんに語ろうよという内容です。

病院の話、病気の話、最先端医療の話なども、
専門的な内容は一切なく、
どういう見方をすればいいのか?
どのように考えればいいのか?
そういう事を教えてくれる本です。

あとがきには、
「しごく当たり前のことですが、
医療に携わっている人たち、
お医者さんも看護婦さんも、
喜怒哀楽の感情、真面目さといい加減さをもった、
ごくふつうの人間です。

そういった人たちが、あっちにぶつかり、
こっちに引っかかりしながら、
のたのたと動いている。

ぼくは10年間、内科医として医療現場を経験したわけですが、
それが実感です。

しかし世間の人たちは、
病院での仕事は他の職業とは違う-
「医療は特別なもの」というフィルターをかけ、
医療現場をまた医療関係者を見ようとする
傾向があるようです。

そのために、医療イメージが「告発」と「感動」に
二極分解してしまうのかもしれません。」

と書いています。

その上で、

「お医者さんも患者さんも、
このあたりで<医療は特別>という呪縛から解き放たれ、
新たな関係性の組み替えを考えてみたらどうでしょう。」

とも述べています。

私も同感です。

医師や看護師を
特別な人達と見るのではなく、
専門的な知識やスキルを身に付けている方々として
ごく普通にリスペクトし、
病気や怪我になってしまった時は心から頼り、
でも医療の不確実性も理解しながら
無理難題を押し付けず、
可能な範囲を共に探し、
医療者と患者が一体となって
病気や怪我と戦えるような信頼関係を持ち、
その前提として人と人として
必要な関係を作って行ければ良いのではないかと思います。

一生涯、病気や怪我に合わない人なんていないのだから、
上手に付き合っていくべきだとも思うんです。

そういうノウハウが、
この本には書かれているように感じました。

お奨め度 ★★★★☆ です。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事