1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の働き方
  4. 医師のキャリア論にも参考となるか?「発展空間」

BLOG

ブログ

医師の働き方

医師のキャリア論にも参考となるか?「発展空間」

医師転職 発展空間 医師退職理由 医師エージェント ジーネット株式会社

おはようございます。

転職を検討している医師・看護師に
求人しか提供できない紹介会社とは一線を課し、
相談から条件交渉まで一貫してサポートする
ジーネット株式会社の小野勝広です。

発展空間。

ある雑誌で知ったのですが、
これは中国固有の表現で、
自分の希望するキャリアや
成長できる環境の事を
発展空間と呼んでいるそうです。

中国人はこの発展空間に出会えないと
転職してしまうとも言われているらしいんです。

要は今の職場で自身がどう成長できるか?
何を得られるのか?という事でしょうか。

どんな伸びしろをこの職場が与えてくれるんだ?という
意味合いかとも思います。

私と同年代か、
もう少し上の年代の方は
そんなものは自分で手に入れるべきもので、
勝ち取るものなんだ!と
つい精神論に走ってしまいがちではありますが、
経済成長著しい中国のような国では求人も相当にあるでしょうし、
常により良い環境を目指すという意味では
素晴らしい事なのかもしれませんね。

中国だけでなく、欧米でも似たような
考え方はあるのかもしれません。

日本もどんどん近付いているとも言えるんでしょうけど…。

私はこの発展空間という言葉、
何となく気に入りました。

そして医師の転職においては
この発展空間って
実に重要な要素ではないかとも思ったのです。

そもそも良くも悪くもですが、
医療現場は我々一般人が想像しているよりも
過酷な環境です。

激務でありますし、
理不尽な部分も多いですし、
思うようにならない事の多い労働環境です。

まして労働に関する法が厳守されているとは
決して言えないような状況です。

そんな中で唯一の拠り所となっているのは、
自らが医療者として成長している、
診察できる領域が拡大している、
より高度な医療に従事できるようになってきた、
などという成長の実感を味わえる部分ではないかと思うのです。

もちろん労働環境や待遇を改善すべきとも思いますが、
ただでさえ医療にはお金が掛かり過ぎるという
変な認識が広まっていますので、
そう簡単ではないと思ってます。

であれば、個人個人の医療者は
患者さんを治す事での自己実現と、
それによって手に入れる事ができる達成感を得なければ、
なかなか辛いものがあるのではないかと思うんです。

では、現在の医療機関が
そういったものを医師に提供できているのかと問われれば、
もちろんできている所も多くあるとは思いますが、
できていない所も多いのではないかと思います。

それが医師の転職理由にもなっているのではないでしょうか。

私はそういった現状を嘆くのではなく、
これからは医療機関も
ある意味では生き残りを掛けて
厳しい戦いをせねばならないと考えています。

であれば、医師を採用する事も
その競争のひとつな訳で、
そこに差別化をすべきだと思うんです。

給与などの待遇を良くする事で
医師に入職して貰おうと考えるところもあるでしょうし、
医師としてのやりがいや
充実感を味わえる環境を整備しようとする所もあるでしょう。

手法はいろいろあると思いますが、
それぞれがそれぞれの方針を
明確に打ち出していけば良いと思います。

そのひとつの考え方として、
医師にとっての「発展空間」が用意されています!という
打ち出し方があっても良いと思いました。

医師転職 発展空間 医師退職理由 医師エージェント ジーネット株式会社

個人にとって
発展空間が用意されているかどうかは、
選択肢として非常に有難い事だと思います。

ただ忘れてならないのは、
いつもそれが用意されているかどうかを
判断基準にするのではなく、
発展空間を作る側になったら…という事ではないでしょうか?

与えられる側の論理だけではなく、
与える側の論理も理解しておいた方が、
より自分自身を高みに連れていけると思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事