1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 退職の申し出をする医師は辞表を出すべきか?

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

退職の申し出をする医師は辞表を出すべきか?

医師転職失敗 退職願い 退職届 辞表 退職の申し出 医師転職 医師キャリア 新しい職場 派遣先病院 キャリアアップ ジーネット株式会社

今までいくつかの病院で
ご勤務してきましたが、
初めてご自身で新たな職場を探されたA先生。

大学医局を退局する際には、
派遣先の病院に
そのままお勤めになられてはや7年。

キャリアアップを望んでの転職でしたが、
以前に一緒にお仕事をしていた
上司筋の先生にお声を掛けてもらい、
そちらでお世話になる事を決断されたのです。

しかし7年間もお世話になった
今の病院に対しては
それなりに愛情や感謝の思いがあり、
どのように退職の申し出をすれば良いのか
悩まれていました。

「やっぱり辞表か何かを提出するのがいいのかなあ?」

このようなご相談を受けましたので、
下記にご説明いたします。

通常、一般的な退職時に提出するものは、
退職願、退職届、辞表がありますが
それぞれ下記のように分類されているようです。

<退職願>
雇用契約の解約を願い出る(申し込む)書類。
会社が承諾することで退職(解約)となります。
出した時点では退職となりません。
また、相手が承諾するまでは
撤回することができるのも一つの特徴です。

<退職届>
会社への最終的な意思表示であり、
届が受理される=退職となります。
退職願と異なり、
特別な事情がない限り
撤回することはできません。

<辞表>
役員のような
役職のある人(または公務員)が辞める際に用います。
退職願は
「従業員が使用者に対して退職(雇用契約の解約)を申し出るもの」
ですから、使用者側が退職を申し出る場合は
退職願ではなく辞表となります。
(課長以上の役職についている人も辞表を使うことがあります。)
同様の理由から、公務員も辞表を使います。

以上の事から、
A先生にはすでに次の職場が決まっており、
特に問題がなさそうである事から
退職届が相応しい事をお伝えしました。

ただ退職する際の基本的なスタンスは
飛ぶ鳥後を濁さず…だと思いますし、
A先生も今まで長くお勤めになってきた病院ですので
誠実に対応したいお気持ちが強かったので
いきなり書面で切り出すのではなく
まずは口頭でお伝えした方が良いと
アドバイスさせて頂きました。

その方が誠意も伝わりますし、
今までの感謝の思いを
言葉にする事ができますからね。

実際に院長にA先生がお伝えしたところ、
こちらこそ長い間有難うと逆に感謝され、
事務方から退職時の書類を渡されて
それを提出。

特に退職届などを
出す必要はなかったそうです。

医師転職失敗 退職願い 退職届 辞表 退職の申し出 医師転職 医師キャリア 新しい職場 派遣先病院 キャリアアップ ジーネット株式会社

正直A先生のように
スムーズに行くケースばかりではなく、
退職の申し出をした段階で
強烈な引き留めに合う事も少なくありません。

しかし、いきなり退職届を出して、
早く辞めさせてくれ!なんて言うのは
あまり誠実とは言えません。

まずは相談ベースから始まり、
病院や医局の状況などの頃合いを見計らって切り出し、
断固たる思いを持っている事を
お伝えするのがいいですね。

A先生のように
7年間という長期のご勤務ばかりではありませんが、
仮に3年だろうが、1年だろうが、
仕事がしやすかろうが、しにくかろうが、
感謝していようが、していなかろうが、
最後は飛ぶ鳥後を濁さず…という姿勢を
キープするのが大切ではないかと思います。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事