1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 初めて転職した医師…新たな職場の欠点や短所が見えてきて…。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

初めて転職した医師…新たな職場の欠点や短所が見えてきて…。

医師転職失敗 院内改革 大学医局 初めての転職 民間病院 大学病院 症例経験 赴任手当 住宅手当 当直 やりがい 雰囲気の良さ ジーネット株式会社

どんな方でも、どんな職場でも、
多かれ少なかれ欠点や短所はありますよね…。

大学医局を辞めて
初めての転職を実現した
K先生は入職して3カ月…。

諸々悩んでおります。

医局にはもう居場所はないし、
これ以上在籍し続けても
あまりいい事はないと考えて
一念発起して民間病院に転職をしたK先生。

大学病院ほどに忙しくはないし、
そうは言っても暇な感じでもないし、
それなりの症例経験を積める環境ではあるようです。

また条件面に関しては
年収はそこそこ上がったようで満足していますし、
赴任手当、住宅手当などもあり、
入職時は助かりました。

休みの日にコールが掛かる事もあまりなく、
当直も月に2~3回と
今までと比較するとトータルで考えると
かなり良くなっています。

しかし、どうしても大学病院と比較すると
劣る部分はある訳で…。

検査機器など機械類が古い…。
オペ室の体制が整っていない…。
同僚医師の診療が信用できない…。
看護師のサポートに不満がある…。
モチベーションの低いスタッフが在籍している…。

当初からそれなりの覚悟は持っていたつもりでしたが、
実際に直面してみると想像していたものと違って、
実に悩ましい…。

診療上で戸惑ったり、困ったりする事も
度々発生してしまい、
これじゃ前の方が全然良かった…。
そう思わざるを得ない事もしばしば…。

不満、不信、不安…。
K先生は現状に対して
非常にネガティブに受け止めてしまい、
こんなんじゃやってられない…と思う日々。

耐えかねたK先生は、
ある時に院長と話しをしました。

幸い院長は物わかりの良い先生で、
K先生の考えに対して理解をしてくれます。
そしてこうおっしゃいました。

「私も当院に赴任してきた時には同じ事を感じました」

院長がこの病院に赴任してきたのは8年前…。
最初は副院長として入職をされたのですが、
その時はもっとひどい状況だったそうです。

「K先生もその時の私と似たような状況なのでしょう。
お気持ちはとてもよくわかります。問題はこの後です。
私はご縁があって来たこの病院を少しでも良くしようと思い、
亀のような歩みですが、私なりに改善をしてきました。
もちろん私と同じようにしなさいとは言えません。
K先生がどうしても当院に我慢ならず、
他の病院に移りたいとおっしゃるなら致し方ありません。
しかしもし一緒に
当院を少しでも良くしたいとお考えになって頂けるなら
私と一緒に当院の改革に手を貸して頂けませんか?」

そうおっしゃいます。

「当院だけでなく、
どこの病院にも長所もあれば短所もあります。
K先生は短所が目についてしまっていますが、
意外と当院も長所はあって、
そこには心地よさもあるんですよ。」

「焦る必要はありませんから、
当院の長所も短所もしっかり見つめて下さい。
その上でここで何かを成し遂げたいと思って下さるなら
私と一緒に当院をより良い病院にしてまいりましょう。」

医師転職失敗 院内改革 大学医局 初めての転職 民間病院 大学病院 症例経験 赴任手当 住宅手当 当直 やりがい 雰囲気の良さ ジーネット株式会社

そう諭されて、その時はそんなもんかな?と
半信半疑だったK先生ですが、
それから冷静な視点で
この病院を観察してみました。

すると確かに不足の部分は少なくないけれども、
実は余剰とも言える部分も意外とあって、
もっと良い病院になる為のポテンシャルは
確かにありそうです。

それは患者さんや
そのご家族の表情を見ているとわかります。

安心と信頼が表情に現れており、
それに応える為に医師を始め、
全スタッフが一丸となって取り組んでいるのです。

ただ経験値の浅さや、
効率が悪くて上手く行っていないだけで、
やろうとしている事は間違っていない。

自分がアドバイスしたり、
システムを改善すれば
もっと良くなりそうです。

まだ100%の納得をした訳ではありませんが、
自分なりのこの病院への貢献はしてみよう…。

若干院長に乗せられた感はあるものの、
しばらく上手く騙されてみるか…。

もしかしたら
大きなやりがいになるかもしれないし…。

そもそも自分がこの病院を選んだのは、
条件面が良かったというのもあるけど
何となく雰囲気の良さを感じたからでもあるんだよな…。

少なくとも院長と話して良かった。

あの時に辞めていたら、
ちょっと短絡的に過ぎたしな…。

話してみる事で
悩みって解決していくんだな。

そう考えて、
日々院内改革に勤しむK先生でした。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事