1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 医師転職支援会社の強みはどこにあるのか?

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

医師転職支援会社の強みはどこにあるのか?

医師転職失敗 医師転職支援 医師転職斡旋 医師人材紹介会社 医師支援 担当コンサルタント 求人サイト 転職ノウハウ 医師キャリア キャリアデザイン ジーネット株式会社

医療系の人材紹介会社は
リーマンショック以降、
急激に増えております。

医師を専門とする会社、
看護師を専門とする会社、
薬剤師を専門とする会社、
その他コメディカルも含めてですが、
それぞれ得意な領域を持っている会社もあれば、
大手のようにいくつかの部署に分かれて、
○○株式会社 医師支援事業部とか、
看護師支援事業部などのように
複合的に対応しているケースもあります。

また経営者がビジネス系の人材紹介会社から
医療系の人材紹介会社に進出したケース、
医療機関で働いていた事務方が設立したケース、
医療系の他のビジネスをしていた方が起業したケース、
と様々なケースがあり、
それによって事業の形態や理念は
大きく異なります。

ただ一般の方が
こういった業界事情を知る事は難しく、
どうしても宣伝広告に引きずられてしまいますよね…。

ある総合クリニック
(診療科目が複数あり多くの医師が在籍)の
理事長先生は医師の採用に積極的で、
常勤医師、非常勤医師ともに随時募集しており
多くの紹介会社ともお付き合いがあります。

その理事長先生がおっしゃっているのは、

1、
担当のコンサルタントの力量を見抜き、
能力に応じた依頼をする。

2、
会社の規模によって使い分けをする。

3、
会社の方針によって依頼内容を変える。

この3点が
人材紹介会社から
良い医師を採用するコツだとおっしゃっています。

あくまでも求人側の立場に立った意見ですが、
これは求職者側の立場でも同様と思います。

担当のコンサルタントの能力や
モチベーションによって
享受できるサービスの内容は大きく異なります。

もし紹介会社に登録して、
コンサルタントとお会いして
ガッカリした場合には
その会社とは縁がなかった…と
判断した方が良いと思います。
(場合によっては紹介会社側で
担当を変更するケースもありますが、
よっぽど運が良くない限りは
同レベルのコンサルが多いです。)

会社の規模、方針によっての
使い分けのポイントは、

①量を捌こうとしているのか?質重視なのか?

②求人広告業的な事業運営なのか?(求人サイト重視)
真の人材紹介事業なのか?

③求人ありきなのか?キャリアありきなのか?

の3点で判断できるかと思います。

それぞれの特徴を良く掴み、
ご自身の必要なものを提供してくれる企業と
パートナーシップを作るといいですね。

とにかく多くの求人が欲しいのか?

転職ノウハウも含めて
キャリアデザインを構築したいのか?

スピード重視なのか?

じっくりスタンスで挑むのか?

医師転職失敗 医師転職支援 医師転職斡旋 医師人材紹介会社 医師支援 担当コンサルタント 求人サイト 転職ノウハウ 医師キャリア キャリアデザイン ジーネット株式会社

最後にコンサルタントを見抜く際に
こんな質問をするといいですよというのを
お知らせ致します。

・この会社に入社して何年目ですか?
・今まで人材紹介業の経験はどれくらいありますか?
・医療に携わってから何年経ちますか?
・現在の医療制度や環境についてどうお考えですか?
・医療はこれからどうあるべきでしょうか?
 そして我々医師はどう対応すべきでしょうか?

これらの質問で
しどろもどろになるコンサルタントは
見切った方が良いと思います。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事