1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. タイミングはいつか?

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

タイミングはいつか?

 

まだ夏の暑さも本格化する前の

6月の中旬の事でした。

 

大学医局に在籍したのが13年となり、

このままではジリ賃の人生になってしまうと

一念発起して転職活動を開始したA先生。

 

幸いそれほど時間も掛からずに

希望に近い病院が見つかり、

条件等も納得のいくものであり

合意に至りました。

ほっとひと安心のA先生。

よし、これで医局は来年3月末で辞めて、

4月からは新しい環境で頑張ろう!と

心に誓いを立て、

不思議と日々のモチベーションも高まり、

充実した毎日を過ごす事となりました。

 

ところが…。

A先生は次の職場が決まった事で浮かれてしまい

肝心な事をお忘れです…。

そうです、退職の申し出をすっかり失念していました…。

あ、そう言えばまだ言ってないや…と気付いたのは

11月の下旬…。

 

早く言わなきゃ…と思いながらも

日々の忙しさに負けて中々言い出す事ができずに

ようやく12月上旬になって

上司に退職の意向をお伝えしました。

すると返ってきた言葉は、「遅い!」。

「3月で辞めるならもっと早く言ってもらわなきゃ困る。

うちの原則は半年前に申し出るルールになっている事は

知ってるだろう」と厳しく叱責されていました。

そうだった…、だから俺は6月に動き出して、

7月か8月に決まって申し出れば半年前だし

ちょうどいいかなと考えていたんだ…。

しまった…、決まってすぐに伝えときゃ良かった…。

う~ん、大後悔だあ…。

 

その後は、医局長や助教授と喧々諤々の議論があり、

自分に非のあるA先生はとにかく平身低頭。

 

何度もお詫びし、頭を下げ、

何とか…何とか…とお願いをして…。

その姿勢が良かったのか、

ようやくわかった、認めようという事になりました。

良かった~とA先生は胸をなで下ろしましたが、

それ以降の数か月、教授からは無視されたとか…(苦笑)。

 

それでも4月から新天地に移り、

充実した日々を過ごされていますので

まあこれで良かった…と。

 

それぞれの医局、病院で、

退職は何か月前に申し出なさいよという

ルールがありますね。

就業規則をしっかり頭に叩き込んでいる人は

決して多くないですが、

どれくらい前のタイミングで伝えねばならないのか。

これは事前に調べておいた方が良いです。

 

お問合せ

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット 公式facebookページアカウント

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事