1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 医師の退職、就業規則をチェックしておかないと…。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

医師の退職、就業規則をチェックしておかないと…。

医師転職失敗 退職の申し出 退職タイミング 就業規則 キャリアアップ 求人サイト 人材紹介会社 ジーネット株式会社

現在お勤めの病院も在籍期間が5年を過ぎて、
キャリアアップも含めて
新天地を求めていたS先生。

医師専用の求人サイトから応募してみたり、
医療系雑誌の求人欄から問合せをしてみたり、
医師の人材紹介会社も活用して
何とかご自身の望む医療機関を見つける事ができ、
納得のいく条件も頂く事ができました。

さて、今のお勤め先に
退職の申し出をしなければなりません。

ですがそこに落とし穴がありました。

内定を頂いた病院には、
2~3カ月あれば大丈夫ですと
安請け合いをしてしまったS先生ですが、
内心では労働基準法では14日ってなってるんだから
何とかなるだろう…と安易に考えていました。

事務長に○月末で退職したい旨を伝えると、
「それは無理です。当院の規則では
最低でも6か月前に申し出て頂く事になっています。」
と言われてしまいました。

いやだって労基法では14日なんだし、
2か月前でも法的には問題ないでしょうと反論しましたが、
「就業規則上では6か月前と明記してあります。
もちろん厳密な法律論では先生のおっしゃる通りです。
ですが病院サイドとしては
先生の後任を探さねばなりません。
2カ月や3カ月でこの売り手市場の中で
後任が見つかるなんて…、そう簡単ではないですよ。
先生が後任をご紹介して下さるなら
2カ月でも構いませんが、
そういう訳には行かないでしょう。
病院の為なんて言いません。
患者さんの為を考えて、
適切な時期にお辞めになる形を作って下さい。
お願いします」
と言われてしまい、
さすがにS先生も納得せざるを得ませんでした。

元々気に入っていた病院だし、
院長はじめ、皆さんにお世話になったし、
感謝の思いも持っています。

そう言われてしまってはS先生としても
首を縦に振らざるを得ません。

そこで内定を貰っていた病院に
入職時期を6か月後にして欲しい旨の
連絡をしました。

最初の反応は
「それでは話しが違うじゃないですか」です。

当院は先生が2~3か月後には
赴任できるとの事だったので
他の先生をお断りしたんですよ…。

マ・マズイ…。
このままでは今の病院は辞めざるを得ず、
次の病院を失うかも…。

そんな恐怖感を味わう事になるS先生でしたが、
その2日後に次の病院から、
「院長がS先生なら致し方ないだろう、
6か月後で認めようではないかと
おっしゃってくれました。」
との連絡が入りました。

医師転職失敗 退職の申し出 退職タイミング 就業規則 キャリアアップ 求人サイト 人材紹介会社 ジーネット株式会社

ふー…。
助かった~と胸をなでおろしたS先生。
ホント良かったですね。

就業規則はしっかり確認しておかないと…。

転職する他の先生にもお伝えしておいて下さいと
ご自身の経験からおっしゃるS先生でした。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事