1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 妥協点を決めておかないと…。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

妥協点を決めておかないと…。

 

整形外科医のY先生。

 

大学病院や自治体系の病院に長く勤務をしてきたが、

お子さんが医学部を目指すとの事で

収入アップを考え始めました。

 

直接いくつかの民間病院に問合せをしたり、

医師専門の人材紹介会社に登録をしてみたり、

結果的に5カ所の病院に見学、面接に

行く事となりました。

 

元々症例経験も豊富で、患者や同僚医師、

スタッフからも人気者であるY先生。

 

5カ所の病院とも是非当院にお越し下さいとの事で、

内定、条件提示を受けました。

 

どこもそれなりの条件ではありましたが、

Y先生が最も気に入った病院は

年収面では3番手…。

 

う~む、ここがもう少し年収を上げてくれたなら…

という事で、仲介した紹介会社に言ってみると

数日後に連絡が入り、何と年収で100万円の上積みが

ありました。

これで2番手まで上がりました。

 

この調子ならもっと上がるかも…と考えたY先生は

再度紹介会社を通して年俸交渉。

 

ところが先方の病院からはこれが限界という回答。

 

う~む、1番条件の良い所を選ぶか、

最も気に入った2番手の条件の所を選ぶか…。

 

Y先生にとっては今回の転職は収入アップが

最優先でしたので、

よし、致し方ない、1番条件の良い所にするか…と考え、

ちょっと待てよ、まだここは年俸交渉してないな。

どうせだったらしてみるか…と思いました。

 

こちらはY先生が直接アプローチした病院でしたので、

事務長に連絡をして、もう少し年収が上がったら

前向きに考えたいと申し出ました。

 

事務長からは院長と検討してご連絡します

との事だったのですが、何と、

「誠に申し訳ないですが、今回のお話しはなかった事に…」

という回答。

 

他で整形外科の先生が採用できたのか、

年俸交渉を嫌がる病院だったのかはわかりませんが、

これで1番手の病院は消えてしまいました…。

 

そこで2番手の病院にするかと考えたのですが、

ここは1回年収を上げてくれているし、

どうせだったらもう1回だけ…と考え、

あと50万円だけ年収を上げてくれたらと伝えると、

それも不可能との返事。

 

2度までも断られてしまった為に、

何となくこのまま世話になるのも

気まずくなってしまいました。

 

結果、Y先生は致し方なく3番手の病院に入職…。

 

ああ、素直に1番手もしくは2番手の病院に

しておけば良かったなあ…。

 

後悔先に立たず…なY先生でした。

 

医師キャリア相談

 

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット 公式facebookページアカウント

 

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

 

関連記事