1. HOME
  2. ブログ
  3. 転職・開業失敗事例
  4. 医師として実現したいものは何なのか?キャリアの原点。

BLOG

ブログ

転職・開業失敗事例

医師として実現したいものは何なのか?キャリアの原点。

医師転職失敗 訪問診療 在宅医療 在宅診療 医師転職 医師キャリアチェンジ 外科医 大学同期 ジーネット株式会社

本当に自分がしたかったのは
これなのか?

そうお悩みになる先生は少なくありません。
O先生もそうでした。

今まで外科医として
多くのオペに携わってきました。

もちろんこれも好きでやってきた事。

手術が上手くなりたい…
そう思って努力をしてきました。

しかし医師として20年目を迎えた頃、
このまま今と同じ仕事をしてきていいのかな?
そうお考えになったのだそうです。

病院に対して
大きな不満があった訳でもありませんし、
給与などの待遇には
それなりに満足していたんです。

ただ長い医師人生を考えた時に、
過去を振り返った時にはまあまあの満足度。

でもこの先はどうなるんだろう?
ずっと外科医として働けるのかな?
何歳までオペを続ける事ができるのかな?
他に道はないんだろうか?

そんな事を漠然と考えていた時に、
大学時代の同期と会って
話しをする機会がありました。

その方は現在訪問診療クリニックを開業して
院長としてご活躍しています。

元々は同じ医局にいたのですが、
開業志向が強く、
何で開業をするかを考えて、
5年ほど前に
訪問診療クリニックを開院したのでした。

開院当初は集患に苦戦したらしいですが、
現在では常勤医を2名、非常勤医を5名、
雇用するまでになりました。

そんな同期の先生からお話しを伺うと、
O先生も刺激になり、
自分が医師としての後半戦をどう過ごすか…
益々真剣に考えました。

同期の先生のように
開業という選択肢は取らない方針ですが、
訪問診療という仕事には関心があります。

うちに来いよ…と
同期の先生は言ってくれてますが、
さすがにそれはやりにくいかと…。

なんで自分は訪問診療に関心を持つんだろうか?

医師転職失敗 訪問診療 在宅医療 在宅診療 医師転職 医師キャリアチェンジ 外科医 大学同期 ジーネット株式会社

突き詰めて考えていくと、
患者との時間をもっと持ちたい…
そういう思いが強い事に気付きました。

今まで手術の前後でしか
患者とやり取りはしていないし、
術中は麻酔が効いているから話しもできない。

どんな医師になるのか?なりたいのか?
あんまり考えた事はなかったけど、
最後は患者と寄り添い、
ゆったり時間を共有したい。

これがやりたい事なんだな…
O先生はそう確信を持ったのでした。

本当に実現したいものは何なのか?

これは年齢によっても、
医師になった理由によっても、
過ごしてきた過去によっても、
相当に異なるものだとは思います。

しかし給料を上げたいとか、
休みが欲しいとか、
当直を減らしたいとか、
いわゆる条件面だけで考えてしまうのは
ご自分の医師としての人生を
つまらないものにしてしまいます。

何をしたいのか?
実現したいものは何なのか?

真剣に考えた上で
新天地を求めた方が良さそうですね。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト
医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>が運営する医師向け情報提供サイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事