1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. 梅棹忠夫 語る

BLOG

ブログ

スタッフブログ

梅棹忠夫 語る

おはようございます。

医師のキャリアプランを中心にして

転職、開業、経営シーンを支え続ける

ジーネット株式会社の小野勝広です。

 

無知の知。

知らないという事を知っているのは

とても大事なことだと思います。

本日のブログのタイトルは、

梅棹忠夫 語る 】 としました。

本書をピックアップした理由

『 梅棹忠夫 語る 』

梅棹 忠夫 聞き手 小山 修三

日経プレミアシリーズ を読みました。

じ・実は…。

大変お恥ずかしい話しなのですが、

私は梅棹忠夫さんをよく知りませんでした。

どっかで、何かで、聞いた事があるような…と

そんなレベルだったのですが、

なぜか本書と出会った時に、

あ、今こそ梅棹忠夫さんを読むべきだ!と

直感が働いたのです。

ほとんど何も知らなかったくせに…。

でもこういう事ってありませんか?

私はこんな感性を割と大切にする方ですので

よし、今こそ無知を脱しようと意を決して

読み始めたのでした。

目次

第1章 君、それ自分で確かめたか?

第2章 文章は誰が読んでもわかるように書く―記録と記憶の技術(1)

第3章 メモ/スケッチと写真を使い分ける―記録と記憶の技術(2)

第4章 情報は分類せずに配列せよ―記録と記憶の技術(3)

第5章 空想こそ学問の原点

第6章 学問とは最高の道楽である

第7章 知識人のマナー

第8章 できない人間ほど権威をかざす

第9章 生きることは挫折の連続である

エピローグ つねに未知なるものにあこがれてきた

感想

や・やっぱり直感は当たる。

非常に勉強になりました。

さすが我が国における

文化人類学のパイオニアと言われるだけの事はありますね。

発想や目の付け所が半端じゃない。

京都大学の名誉教授であり、

生態学者、民族学者、情報学者、未来学者とも言われ

人間をよ~く観察してきた方だと思います。

だからこその達観が非常に学びとなりました。

いくつか梅棹さんの言葉を紹介します。

まず「ほんまやろか」と疑ってかかる。

(P.18)

自分で見たことしか信じない。

(p.18)

自分の足で歩いて、

自分の目で見て、

自分の頭で考える、これが大事や。

(P.19)

「フロンティア」というのは間違いなく興奮する。

(P.21)

「石橋を叩いていては渡れない。とにかくやってみい」

(P.22)

一番、あぶないなと思うのは、

みなさん歴史を知らん。

(P.36)

とにかく、文章で一番大事なことは、

わかるということ。

自分もわからないくせに、

そのわからない言葉を使う。

それはかざってるからや。

(P.45)

絵というものは、

わたしにとっては理解の手段であって、

芸術的表現ではない。

(P.63)

日本の図書館学がいかんのです。

形式主義で、ハードカバーしか本と認めない。

(P.78)

「分類するな、配列せよ」。

機械的に配列や。

大事なのは検索。

(P.83)

知的とかそういうデザイン的なものを、

全部タダやと思っている。

(P.88)

情報と産業を分けて考えたらあかんねん。

(P.90)

コンピュータは、要するにノートと鉛筆だ。

(P.93)

「思いつきこそ独創や。

思いつきがないものは、

要するに本の引用、

ひとのまねということやないか」

(P.104)

「学問でさえ、経営なんだぞ。

そう考えてやれ」。

(P.111)

わたしの人生を決定しているのは、

モチーフは遊びや。プレイや。

(P.119)

学問から思想は出てこない。

思想から学問はあるな。

(P.121)

わたしは若い人には、

本質論をやれと言いたい。

まだまだみんな若いな、と。

現象論に目を奪われるのは、

ひとつの若さです。

若さはあるが、ジャーナリズムの悪影響でもある。

(P.134)

マルクスには「べき」がある。

わたしには「べき」がない。

(P.136)

やんちゃがないのやね。

みな、こぢんまりと、できあがってしもてるのかな。

(P.144)

批判されると、

非難されたように思ってしまう。

批判と非難はちがう。

(P.145)

いわゆるインテリというものは、

まさに武士道です。

サムライの後継者や。

町人をバカにしている。

(P.167)

外国人にわかる歴史を日本人が書いていない。

(P.174)

文明というのは、

人間がつくり出した環境、

人工的環境のすべてなんです。

(P.175)

「供給してみい。

そうしたら需要がでてくる」。

(P.180)

わたしには、頭の自信よりも、

人間としての自信がかなりある。

(P.193)

わたしは人類全体の一個体にすぎない。

(P.207)

人には逃げてはならない状況がある。

(P.213)

いかがでしょうか?

前後の文章がわからないと

本当の意味は伝わらないかもしれませんし、

人が変わればグッと感じる箇所も異なると思います。

しかし本書では思想とか、

学問とか、深い洞察がありますし、

梅棹さんならではの大胆な発想が

私の胸にはビシビシと刺さりました。

こんなスゴイ日本人がいたんだなあ。

ホント自分はまだまだ知らない事が多いな。

そう痛感しながらも

だから学ぶ事がいっぱいあって面白いんだ…と

勝手な事を考えてます(笑)。

評価

おススメ度は ★★★★★ と満点です。

当ブログでは何度か書いておりますが、

私の学びのテーマは、

「人を知る、社会の仕組みを知る」であります。

その意味では本書は最高の教科書でした。

深い、広い、高い視点。

多角的、多面的な発想力。

もうしびれました。

自分の発想を広げたい方や、

もっと深く学びたい方、

本質にグッと迫りたい方には

きっと良き学びとなるかと思います。

それでは、また…。

 

医師キャリア相談

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

関連記事