1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 医師の転職は一喜一憂しない方が良い。

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

医師の転職は一喜一憂しない方が良い。

医師転職 ドクター転職 医者転職 一喜一憂 コンサルタント ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

例えば
目の前に優柔不断な方がいるとします。

ある人は、優柔不断な人だという評価をします。
ところがある人から見ると
非常に慎重で丁寧な対応をする人だという評価をします。

本当に人を評価する、
判断するという事は難しいものだと思います。

転職というものは
上記のような事が
頻繁に起こります。

ある病院では、
「ちょっと経験が不足しているよね」
という評価をされた先生が
他の病院では、
「ポテンシャルがあるよね。
うちの病院
来て頂ければ
より成長して頂けると
うよ。」
という評価を頂く事がで
ます。

また評価をする方によっても実に様々です。

全く同じ先生に対して事務方では、
「当院の採用水準に照らし合わせるとギリギリですね」
なんてケースでも、
院長や部長などには、
「まさに当院が
求めていた先生です。
是非一緒にやり
ましょう。」なんて
言われる事もあり
ます。

これはその評価される人に
問題がある
のではありません。

むしろ評価というものは、
人により、状況により、環境により、
まったく異なってくると考えた方が良いと思うのです。

以前、ある病院より内定は頂いたものの
提示された条件がご自身で想像していたより低く、
がっかりし、自信を失いそう
になった
ドクターがいらっしゃいました。

その際に私の方から
その裏側をご説明
差し上げたのですが、
これなども別に
評価が低かったから
提示された条件が
低かった訳ではありません。

院内には複雑な人間関係やドクター
それぞれの思いなど、
実に様々な要素が
あります。

それを抜きにした採用っての
あり得ないと思うのです。

よって評価が全てではなかったりする事もあります。

1人1人の患者さんに対して
丁寧な
診察をするドクターがいます。

これは素晴らしい事ですし、
大半の医療機関が歓迎するとは思います。

しかし、丁寧さよりもスピードを重視する
医療機関もあるでしょうし
他のドクターの診察状況との
バランス
というのもあるかもしれません。

変な話しですが、
優秀な方がいいに
決まっているけれども
優秀過ぎてもダメ
…なんてケースだってあります。

オーバースペックという奴ですね。

応募してみたけど反応が無かったといっ
自信をなくしたとおっしゃっている
先生とも
出会った事がありますが、
先月には全くニーズがなかったけれども、
今月に入って
急にニーズが出てくるなん
てケースもあるでしょう。

単にタイミングの問題だったという場合もあります。

こういった裏事情を把握しているのが
エージェントと呼ばれる我々人材紹介会社です。

書類や電話だけのやり取りをしている会社は別ですが、
真摯に対応
している会社は
相当に内情を把握した上で求人を
ご紹介しています。

そうしないと本当の意味での
ご縁繋ぎはできません。

結果や評価に一喜一憂せずに
ゆったりと構えて動かないといけないと思います。

転職ってそういうものです。

医師転職 ドクター転職 医者転職 一喜一憂 コンサルタント ジーネット株式会社

本当にいろ~んなケースがあるんです。
正直、ここに書ききれないほどにです…。

その1つ1つが個々のコンサルタントの経験値です。

経験値が高く、
ノウハウを積み上げているコンサルタントは
本当に役に立つ思います。
と言いつつ私自身も日々精進します。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事