1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療系紹介会社(エージェント)
  4. 医師はどうやって転職するのが正解か?

BLOG

ブログ

医療系紹介会社(エージェント)

医師はどうやって転職するのが正解か?

医師転職事例 医師転職手法 医師転職方法 医師紹介会社 ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

人材紹介というサービスが
世の中に広まってから随分と経ちます。

元々はごく一部の業界や職種でしか
利用されていなかったとは思いますが、
好景気を背景とした売り手市場により
各企業が人手不足を解消する為に
人材紹介会社に頼ったという側面があります。

またニッチな職種、ハイスキル人材など、
採用の難易度が高い人材を採用する為に
人材紹介会社を利用したという側面もあるでしょう。

いずれにしても、企業において、
またビジネスマンにおいて人材紹介というサービスは
かなり一般的になってきています。

さあ転職だ、と考えた時に
人材紹介会社に登録をする人は
かなりの数に上るのではないかと思います。

段々と領域を広げてきた人材紹介会社が
医療の世界に進出して数年が経過しました。

昨今は医師、看護師、薬剤師など、多くの職種で
人材紹介が行われるようにはなってきました。

残念ながら、それは良い部分もあれば
弊害もあるというのが現状ではありますが、
良きにしろ悪しきにしろ利用者は
求職者も求人側も増えてきていると思います。

特に看護師、薬剤師は
かなり増えているのではないでしょうか。

その一方で医師に関しては、
まだまだ一般的になってきているとは
言い難い面があります。

理由はいくつもありますが、
最も大きいのは大学医局の存在だと思います。

臨床研修制度が変わった事により、
医局の力はだいぶ削がれてはいるのでしょうが、
それでも医局から離れるという事は
医師にとって一大決意である事は間違いないでしょう。

様々な医療制度が変わり、
医師の働き方も多様化してきております。

丁稚奉公から始まり、
博士号や専門医を取得する為に
がんじがらめで踏ん張るようなケースは
少なくなってはいるのでしょう。

徐々にではありますが、
転職をする場合には
人材紹介会社を利用した方が良いかもしれないと
考える医師は増えてきてはいると思うのですが、
実際に利用する医師は
まだそれほど多くはないでしょう。

問題は人材紹介会社の側に
医師や医療機関のニーズを汲み取る力が
まだないという事なのだと思うんです。

資金力のある大手は、
広告宣伝の力と徹底した効率化、
システム化によって
それなりの結果を出してはいますが、
逆に医師1人1人の都合を考慮せずに
心のこもらない無理な仲介をしたり、
医療機関の財政状況を理解せずに
多額の紹介料金を求めたり、といった事が起きています。

一方中小の人材紹介会社は
1人1人の医師と信頼関係を構築しながら
丁寧なコンサルティングを行い、
安心して勤める事のできる病院と繋いだり、
医療機関の内情をよく理解し、
現状とビジョンに沿った医師をご紹介したりという
プラス面の裏側で、宣伝広告にコストを使えず、
質は高くても量に弱いという欠点を内包しています。

仮に転職をしたい先生がいたとします。

おそらく先輩、同僚、仲間の医師から
病院をご紹介されるケースは多いでしょう。

ところが、内情はよくわかり
安心はできるけれども断りにくいとか、
辞めにくいといったマイナス面がありますね。

中にはWEB上や
医療雑誌の求人コーナーなどから求人を見つけ、
ご自身で応募する方もいるでしょう。

しかし、限られた情報の中から
内情を把握する事は難しく、
また応募から面接、条件の交渉など
様々な手間が発生する事から、
多忙な先生には向かないでしょう。

そこで人材紹介会社が
ツールのひとつとして浮上する訳ですが、
前述したようにまだまだ課題があります。

結局どうすりゃいいんだ?という
疑問をお持ちになるかもしれませんが、
上記のようにそれぞれには
それぞれの長所と短所があります。

それさえ把握してしまえば、
後はご自身に合うものを
選択すればいいのだと思います。

割とマメな性格で書類を作ったり、
求人医療機関との折衝が苦にならない先生は
ご自身でWEBや求人誌から探した病院に
応募すればいいのでしょうし、
アドバイスや病院の内情など深い情報はいらないから
とにかく求人をバンバン紹介してくれればいいという先生は
大手の人材紹介会社を利用すればいいでしょう。

人付き合いが上手く、
多少のマイナス点は我慢しながら勤務できるという先生は
知人からの紹介を受けてみてもいいのでしょうし、
多少時間は掛かっても、
ご自身のビジョンを実現する為に信頼できる
コンサルタントとタッグを組んで
転職を成功させたい先生は
中小の人材紹介会社を選べばいいのでしょう。

もちろん、これはあくまでも一般論であって、
大手の人材紹介会社にも
優秀なコンサルタントはいるでしょうし、
中小だって使えないコンサルタントは実在します。

求人広告でも非常に詳細に渡った説明があり、
病院の内情が把握できる内容もあるでしょうし、
知人からの紹介でも
ご自身の希望にバッチリ合う病院と繋がる時もあるでしょう。

突き詰めればそれぞれのツールの長所、
短所を理解の上でご自分に合うものを利用する。

また、できる事なら複数のツールを活用するという事が
肝心なのではないかと思います。

転職とはより良き未来の為にするものです。

やっぱり転職しなければ良かった…なんて事には
なって欲しくないですから
こんなブログを書いてみました。

医師転職事例 医師転職手法 医師転職方法 医師紹介会社 ジーネット株式会社

この辺りの話しって
文章にするのが難しいですね…。

誤解は受けたくないので、
もしもっと詳しく知りたいという
先生がいらっしゃいましたら
メールでお問い合せ下さい。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事