1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 新・医者にかかるための10箇条!

BLOG

ブログ

医療業界全般

新・医者にかかるための10箇条!

医者にかかるための10箇条 医療機関受診 受診のコツ ジーネット株式会社

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

本日は恒例の○箇条シリーズです。

ふとした事から
東京都中央区のサイトを見てみました所、
「新・医者にかかるための10箇条」
というものを見つけました。

これは私達が患者として医療機関に行く際に、
私達自身がメリットを享受する為に
必要な要素だと思います。

医師と円滑なコミュニケーションを取り、
スムーズな診察を受け、
なおかつ病気やケガと戦う
同志としての関係性を作る為に、
その第1歩として
意識しておくといいのではないでしょうか。

1、伝えたいことはメモして準備
2、対話の始まりはあいさつから
3、よりよい関係づくりはあなたにも責任が
4、自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
5、これからの見通しを聞きましょう
6、その後の変化も伝える努力を
7、大事なことはメモをとって確認
8、納得できないときは何度でも質問を
9、医療にも不確実なことや限界がある
10、治療方法を決めるのはあなたです

いかがでしょうか?

気になって調べてみたら、
東京都医師会のホームページにも
同じような記載がありました。

医療者側としては
患者サイドにも
協力を求めているという事なのでしょうかね?

私が感じたのは、
これは医師と患者の関係だけではなく、
あらゆる人間関係において必要ではないかという事です。

私達は日々様々な方々と会い、話し、
やり取りをします。

その中には
非常にコミュニケーションを上手に取る方と、
あまり上手ではない方がいて、
コミュニケーションが上手に取れる方の行動や考え方が
この10箇条には含まれているのではないかと思ったのです。

結局の所、自分というものを
相手に理解して頂き、相手を理解し、
相手に求め過ぎずに自己責任で、
理解不足があれば何度でも話し合い、
その上で手を取り合って進みましょうね…と
いう事だと思うのです。

当ブログでは、営業マンの力量不足や
コンサルタントの質の低下などについて書く事もありますが、
その要因は
コミュニケーションが下手な事なんだと思うんですね。

ですからこの10箇条は、
私達それぞれが、
それぞれの置かれた環境によって
合わせて変化させると
相当にメリットがあるのではないかと思います。

人と人との関係性…。

医師と患者の関係だって
原則は変わらないのでしょう。

自分を理解してもらう。
相手を理解する。
共感、共鳴、共存の精神で協力し合う。

そういう大原則を
しっかり意識していきたいなあと思います。

医者にかかるための10箇条 医療機関受診 受診のコツ ジーネット株式会社

強い自己主張。
相手の都合は一切お構いなし。
自分の利益だけを追求する。

こんなモンスター的な行動や考え方では
いつか自分自身に不利益が降ってくると思います。

人と人…。
しっかりとしたコミュニケーションを
取りたいものですね。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事