1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師の働き方
  4. 勤務医の4割が週60時間以上の労働でいいのか?

BLOG

ブログ

医師の働き方

勤務医の4割が週60時間以上の労働でいいのか?

勤務医 就労実態 長時間勤務

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

先月の話しですが、
独立行政法人 労働政策研究・研修機構が
「勤務医の就労実態と意識に関する調査」という
調査結果のレポートを出しました。

非常に参考になる内容でしたのでご紹介します。
ご関心ある方は
是非ご覧になってみて下さい。

<勤務医の4割が週60時間以上の労働>
http://www.jil.go.jp/press/documents/20120904.pdf

調査目的としては、

「医療従事者(勤務医等)は、
長時間労働をはじめとして
大変厳しい勤務環境に置かれている。

また、医療従事者の偏在など
需給面での問題も顕在化するなかで、
将来にわたり
医療従事者の労働需要を充足し、
安全・安心の医療提供体制を構築・維持していくために、
医療従事者の労働条件の改善や
需給調整の仕組みの再構築など、
労働政策的観点からの総合的な対応が
喫緊の課題となっている。」から、
アンケートを実施し、
今後の政策立案のための基礎資料として活用するという事です。

医療崩壊が叫ばれる昨今ですから、
早急に対応策を練るべきだと思いますが、
勤務医の生の声を吸い上げる事は
その為にも不可欠だと思いますので、
良い調査ではないかと思います。

ただ、一般の方がこれを見た時に、
どう思うでしょうか?

「え~、そんなに働いてるの?それは働き過ぎだよ~。
国や厚生労働省は何とかしなきゃいけないんじゃないの?」
と思う方は少数派ではないかと思います。

「週60時間かよ、俺なんてさ、
週100時間働いてるぜ~。」
なんていう声も決して少なくはないと思いますし、
「医者は高い給料を貰っているんだから、
それぐらい働いて貰わないと…」
という声もあるのではないかと思います。

一部の開業医を除けば、
医師という職業が、
それほどおいしい仕事ではない(特に勤務医は)、
むしろ苦労の方が多いと私は思いますし、
それを説明する事もできますが、
一般的なイメージとしては
残念ながらこんな感じではないかと思います。

以前に下記のようなブログを書いた事があります。

<徹夜明けのドクターに手術をしてもらいたいですか?>
https://gnet-doctor.com/archives/1104

朝9時から仕事をします。
通常であれば
夕方には仕事を終えるのですが、
当直がある日はそのまま夜勤に入ります。

翌日の朝に当直を終え、
さあ帰宅…とできればいいのですが、
そのまま勤務を開始するケースは多いです。

つまり9時から翌日の夕方まで、
ぶっ続けで仕事をする訳です。

これはキツイですよね~。
ひどいケースですと
これが何日も続くこともあるようです。

数日家に帰れません…。

医療行為とは
生の人間を相手にする訳ですし、
高い集中力が必要です。

昨今医療ミスのニュースが増えていますが、
こういった背景も
原因のひとつと言えるのではないでしょうか。

だからこそ、医療者の労働時間を適正化する政策は
必要不可欠だと思います。

もちろん、これは何も医療者に限った話しではなく、
世の中には9時から23時まで仕事をし、
それが毎日のように続く人も存在します。

これも確かにキツイです。
中には残業のほとんどが
サービス残業になっている会社もありますしね…。

働かざる者食うべからず…。

これは大原則だと思いますが、
働けど働けど我が暮らし楽にならずってのは
どうなのでしょうか。

だからと言って法律で縛って、
週40時間以上働いてはいけませんというのも
どうかと思います。

ただでさえ日本経済は翳りを見せていて、
中国や韓国に追い付かれ、
追い抜かれそうな訳ですから
それでは益々勝負にならなくなりますよね。

猛烈に働きたい人だっているし、
適度に働きたい人もいる。

法制化してしまうと、
みな一律で制約されてしまう。

もっと多様な働き方があって
いいのではないでしょうか。

とても難しい問題ですが、
ある程度の多様性を認めていかないと
ニッチもサッチも行かない状況が
訪れるような気がするのです…。

最低賃金や派遣法の問題なども含めて、
労働行政とは舵取りの実に難しいものだと思いますが、
自らの働き方は自らで選べるような仕組みも
必要な気がします。

人の命に関わらない範囲で…。

勤務医 就労実態 長時間勤務

それにしても週60時間というのは平均値な訳で、
中にはやっぱり時間外が週100時間とか
とんでもなく仕事をしている医師もいるんですよね。

様々な事情がある訳で、
簡単には解決できないけど、
放置していてはいけません。

<日本国憲法 第25条>
すべて国民は、
健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国は、すべての生活部面について、
社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上
及び増進に努めなければならない。

国が頑張らんといかんのです。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事