1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 良医にめぐりあう為の10箇条

BLOG

ブログ

医療業界全般

良医にめぐりあう為の10箇条

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

ある本で読んだのですが、
面白かったのでご紹介させて頂きます。

【良医にめぐりあう為の10箇条】
1、話しをよく聞いてくれる
2、わかりやすい言葉でわかりやすく説明してくれる
3、薬や検査よりも、生活指導を重視する
4、必要な時は専門医を紹介してくれる
5、患者の家族の気持ちまで考えてくれる
6、患者が住む地域の医療や福祉をよく知っている
7、医療の限界を知っている
8、患者の痛みやつらさ、悲しみを理解し、共感してくれる
9、他の医師の意見を聞きたいという患者の希望に快く応じてくれる
10、ショックを与えずに真実を患者に伝えられる

だそうです。
いかがでしょうか?

個人的には、このブログで買いてきた事が
方向性としては間違っていなかったかな…と
多少安心できた所もあります。

まあ、こういうものは立場や状況、
診療科目や環境によって
かなり大きく違うのだとも思いますが…。

良医に巡り合う

ひとつひとつの項目は別にして、
私がこれを読んで考えたのは、
それぞれの病院が方針とかポリシーとかを
患者の見える所に掲げたらいいんじゃないかなという事です。

すでに行っている病院も多いかとは思いますが、
見える所に謳う事の効果ってのは
患者にとっての安心に繋がる様な気がします。

謳った以上は実現しなきゃ!という
職員への励ましにもなるのかな。

ただ、企業でも社訓などを大々的に謳っている所は多いけど、
効果の程はどうなんだろう。

でも、有名なリッツカールトンホテルのクレドの様な存在になるのなら
相当のプラス効果もあるんでしょうね。

ちなみにこの本では
「名医よりも良医が必要だ」とも言っていました。

これも立場が変わればって話しだと思いますが
結局の所は名医も良医も必要な訳で、
研究医も臨床医も必要だし、
各診療科目ごともそうなんですけど、
バランスなんですよね。

ただでさえ医師不足が叫ばれている中ではありますが
このバランスを取るのが政策だと思います。
しっかりしてくれ、厚労省。

それでは、また。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事