1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界全般
  4. 医者にかかる10箇条

BLOG

ブログ

医療業界全般

医者にかかる10箇条

おはようございます。

医師の転職、開業の情報提供をしている
医師転職相談センターの運営企業、
ジーネット株式会社の小野勝広です。

ある意味では、
昨日書いた内容の続きになります。

昨日は良医にめぐりあう為の10箇条として、
患者側の立場から医師を見ての内容でしたが、
今日は患者側が医療にかかる自分の為の
10箇条となります。

これも面白いと思いましたので、ご紹介です。

【医者にかかる10箇条】
1、伝えたい事はメモして準備
2、対話の始まりはあいさつから
3、よりよい関係作りはあなたにも責任が
4、自覚症状と病歴はあなたの伝える大切な情報
5、これからの見通しを聞きましょう
6、その後の変化も伝える努力を
7、大事なことはメモを取って確認
8、納得できない時は何度でも質問を
9、医療にも不確実な事や限界がある
10、治療方法を決めるのはあなたです。

以上です。
いかがですか?

医師の方から見れば、
この通りにしてくれれば楽になるなんて事も
多いのではないでしょうか?

中には、そこまでされるのはちょっと…という
項目も含まれてるかもしれませんけど。

これを見て、私が考えたのは…、
少し昨日の続きになってしまうんですけど、
医師側から見てこうしてくれると助かるよ、という
アナウンスをもっとしてもいいのではないかという事。

昨今、患者様、まさに「様」になり過ぎている
キライがあるのは事実だと思います。

患者側の立場にいる私がそう思うのですから…。

病とは、本人と医療の専門家である医師が
タッグを組んで戦うものだと思います。

争うものではなく、ともに戦うべきです。
であれば、同志として
こうして欲しいという事を発信するのはいい事だと思います。

私達はあなたの病を取り払う為にともに戦います。
だから診療に入る前に○○を準備し、
○○を教えて下さい、

なんて事をもっと求めてもいいと思うのです。

それが経営方針にもなるし、
効率にも繋がるし。

どうも医療訴訟などを見ていても、
いろんな場面で行き違いや
理解がされていない部分が多い気がします。

であれば、患者は医師にこう求めて下さい。
我々医師は患者にこう求めます。

そういうアナウンスが当初からあると行き違いも
多少なりとも少なくなるかなと思います。

実際の医療現場ではそんなに簡単ではないんでしょうけど、
真の信頼関係はお互いに思っている事を言い合い、
理解し合う事から始まると思いますので…。

そんな事を考えました。
まあ、ひとつの意見ですね。

それでは、また。

 

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

 

関連記事