1. HOME
  2. ブログ
  3. 医師転職
  4. 非公開求人の真実!?

BLOG

ブログ

医師転職

非公開求人の真実!?

非公開求人 医療機関 採用活動

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

最近の流行なのでしょうか?
どこの人材紹介会社も「非公開求人」を紹介するとして、
懸命なアピールをしています。

ですが私はどうも腑に落ちないというか、
疑問に感じています。

いや下手するとウソ!?や
騙しのテクニック!?も
一部にはあるのではないかとも思っています。

普通に考えてですよ、
企業にしても、
医療機関にしても、
何らかの媒体に直接募集を掛ける時に
非公開なんてしませんよね。

そりゃそうです、
非公開にしたら
募集を掛ける意味がありませんからね。

どこの会社かわからないような所に
応募する人なんてまずいないでしょう。

ですから当たり前ですが、
きちんと社名や病院名を明確にする訳です。

人材紹介会社というのは
その企業や医療機関から求人の依頼を受ける訳ですね。

なぜ企業や医療機関と求職者の間に
人材紹介会社が入ると
非公開求人になってしまうのでしょうか?

ひとつの理由として、
媒体では募集を掛けられない職種や
ポジションというのはあり得ます。

広く募集するのではなく、
ピンポイントな採用を意図しているという事ですね。

例えば、
経営陣やマネージメント層の募集などは
あからさまに募集を打ち出すと
現社員のモチベーションにも影響が出るので
秘密裏に採用活動を行うなんてケースはあるでしょう。

また新たなプロジェクトに参画するメンバーを
採用する時なども競合企業にバレないように
隠密に採用活動を行う事もあります。

ですが最近は何でもかんでも
「非公開求人」と言い過ぎな気がします。

もしかしたら募集を掛けている企業や医療機関は
名前を公開しても
いいから良い人を紹介して欲しいと
思っているのではないでしょうか?

もちろん出さないで欲しいと
言われるケースも多々あります。

しかし、いくつもの人材紹介会社が
○○件もの非公開求人がありますと謳うほどあるものでしょうか?

私は人材紹介会社が
とにかく求職者に登録して欲しいという理由で
謳っているケースがあるのではないかと思うのです。

仮にごく少ない非公開求人しかなくても、
たくさんあるように見せ掛ける事で
何となくこの会社に登録すると
他社にはない特別な求人を紹介して貰えるのではないかと
期待させる効果があるのでしょうね~。

でも実際に登録してみると
どこの会社でも同じような求人しか
紹介して貰えない…なんてよくありますね。

だって考えてみて下さい。

依頼をする企業や医療機関から見ると、
その求職者が能力が高く、意欲的で、
採用に値する人であれば、
どこの紹介会社を経由しても良い訳です。

であれば、ある紹介会社1社にしか
求人を出さないなんて事は
あまり多くないのです。

むしろどこの紹介会社からでも
良い人物なら採用したい訳ですから、
あちこちの紹介会社に依頼をするでしょう。

10社や20社に依頼をしている求人が
非公開だからって価値はないですよね~。

求職者から見ると
また同じ求人を紹介された…
非公開求人って何なんだよと
思ってしまうのではないでしょうか。

特に大手の紹介会社は、
そこにしかない求人が多いのではないかと思われがちですが、
はっきり言ってそうでもないです。

私が以前担当していた某企業の人事部長は、
リクルートエージェントにもインテリジェンスにも、
ジェーエーシーにも、その他多くの紹介会社に
求人依頼をしているとおっしゃっていましたよ。

これは医療業界でも同じです。
エムスリーキャリアにも、
リクルートメディカルキャリアにも、
メディウェルにも、
民間医局にも、
そして弊社にも
医師を採用したければ求人依頼するのが
ごく普通の姿です。

私どもにこの案件は非公開でお願いします…なんて
100件に1件もないんですよ。

だから私は非公開求人で
求職者の気を惹こうとする人材紹介会社は
信頼が置けないのではないかと考えています。

難しいのはすべて…ではない事です。
一部です。
真っ当な会社もあるにはあります。

企業や医療機関は、
本当に信頼を置いている人材紹介会社には
公開してでもいいから、
良い人を紹介して欲しいと思っているでしょう。

事実、時々ですが1社の紹介会社にしか
依頼をしていない求人というのも存在します。

これは非公開求人ではなく、
独占求人と言います。

本来であれば
こういう求人にこそ価値があるのではないでしょうか?

つまり公開か非公開かではなく、
その価値ある求人を依頼された
紹介会社にこそ価値があるという事です。

人材紹介業界の裏事情を暴く的な
内容になってしまっていますが、
昨今の行き過ぎた非公開求人のアピールには
嫌気が差しています。

アピールすべきは、
公開か非公開かではなく、
どれだけクライアントから信頼を受けているのか?や、
どれだけ求職者の為になる事をできるかだと思うのですよ。
それを具体的に述べるのは難しいですけどね。

まあそうは言っても
様々な事情から非公開で頼む!と
依頼される事はあります。

ですから非公開求人のすべてが
ウソ偽りだとは言いません。

ですが、中には実は非公開にする意味がない求人、
つまり紹介会社側の勝手な都合で非公開にしていたり、
そもそも非公開にしてくれなんて依頼を受けていなかったり、
もっと悪質な場合は
そもそも、そんな求人が存在しないケースもあるでしょう。

何か突っ込まれたって
非公開ですから申し上げられませんと
逃げを打つことができますからね。

求人の価値は希少性です。
公開か非公開かではありません。

本当にやりたい事が明確な方は、
物量で勝負している大手よりも
質重視の中小企業の方が良い求人と
出会えるかもしれません。

いや企業で判断するよりも
コンサルタントの質で判断した方がいいかもしれませんね。

同業他社には出さない求人って
やっぱり理由があるものです。

その理由を共有しても良いくらいに
信頼されているコンサルタント。
そういう担当者には貴重な求人を依頼します。

すべてがすべてではないものの、
あまりにも非公開求人って言う企業は
疑ってかかる必要もあるのではないかと思います。

非公開求人 医療機関 採用活動

こういう話しを一般論で書くのは難しいですね。
間違いなく真実もあれば、
非常に信頼性に乏しいものもあるって話しですから。

人材紹介業界に10年もいると
いろんな事が見えてきます。

怪しいものは、
これからもぶった斬ってまいります(笑)。

それが求人側にも、求職者側にも
プラスになると思うので…。
業界の健全化のためです。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事