1. HOME
  2. ブログ
  3. スタッフブログ
  4. management philosophyについて考えてみました!

BLOG

ブログ

スタッフブログ

management philosophyについて考えてみました!

こんにちは

おはようございます。

医師・看護師の未来をオーダーメイドでサポートする

ジーネット株式会社 コンサルタントY子です。

ボスのGOが出るまで

イニシャルで失礼致します((o*。_。)oペコッ

こんにちは

前回のブログで、

事業のコンセプトに共感して入社を決めたと書きました。

もう一つ、私にひびいたのは、

management philosophy

『正しく、楽しく、逞しく』です。

「仕事の正しい進め方」

「仕事を楽しむ方法」は、

自己啓発本やHOWTO本もあるけど、

「逞しく」の現すものって何だろう?

逞しくから浮かぶもの

私は「逞しい・逞しく」から、

まずルネサンス期のミケランジェロの絵画にある

肉体表現が映像で浮かびます。

その時代は男性のみならず

女性や聖母の姿までも

筋肉隆々に描かれています。

でも・・・肉体的な逞しさを意とする

management philosophyではないはず・・・

言葉で「逞しく」から浮かぶものを挙げると、

剛健 丈夫 強健 頑丈 壮健 屈強 勇健 など

力強いものが揃いますが、

逞しい=力強いと、単純に捉えていいのかしら?

もちろん、

ビジネスにおいて強くあることは必要だと思いますが、

「逞しく」には

もっと深いニュアンスがあるように感じるのです。

逞しい = 強いこと?

「柔弱勝剛強」 老子の言葉です。

柔らかいものや弱いものは、

頑丈なものや強いものに勝つことができる。

という訳になります。

例えば、

柔らかい水でも超高圧で噴射すると、

金属など硬いもを研磨することも切断することも出来ますね。

そういえば、水vs工具で金属切断するのを

比較していたTV番組を前に見た記憶がある~。

空気もやわらかいものですが、

コンクリートに含ませることで、

コンクリート組織を破壊から守れるようです。

強いもの同士がぶつかるとお互い傷つきますが、

片方がやわらかければ傷つけることなく守れるし、

柔らかさで包み込むこともできます。

マテリアルだけでなく、

人と人でも同じことが言えるなぁ。

力任せに無理やり従わそうとされるより、

人の優しさや想いにつき動されることってありますね。

「逞しさ」は強さを押し通すだけでなく、

柔軟さや寛容さを備えた人間力かなと思うのです。

 

 

気配り・気づかい・思いやり

営業として勤務していた会社で、

当時の上司が言った言葉を思い出しました。

営業は、気配り・気づかい・思いやり。

転職支援やマッチングの仕事では、

よりいっそう不可欠と感じています。

医師や看護師・医療従事者は、

常日頃からよく診て、話をじっくり聞かれて、

そして不安な気持ちを抱えた患者様に安心感を与えられています。

同じことはとても出来ませんが、

お手本として少しでも近づきたいです。

『正しく、楽しく、逞しく』

強さとしなやかさ そして 度胸と愛嬌も忘れずに

日々を過ごしてまいります。

 

医師キャリア相談

<弊社の運営する情報提供サイトもご覧下さい!>

ジーネット株式会社 公式サイト

医師向け情報取集サイト 医療ビジネス健全化協議会<IBIKEN>

ジーネット小野勝広 公式twitterアカウント

ジーネット 公式facebookページアカウント

いいね!と思って下さったら下記もポチ!

          にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

関連記事