1. HOME
  2. ブログ
  3. クリニック経営
  4. 医師がいなくなる病院!?

BLOG

ブログ

クリニック経営

医師がいなくなる病院!?

医師 大量 離職

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

時々、○○科の医師が大量に離職した…なんて
ニュースを目にする事があります。

この背景には、
それぞれの事情があるでしょうから、
一般論で語ってしまうのは危険かなと思います。

そもそも医師は地域住民の事をすごく考えていますし、
自分の担当している患者さんに対する思いは
相当に強いです。

少なくとも私がお会いしてきた先生方は
そういう方が多いのです。

単に1人の医師が退職したという事であれば、
個々の事情でもあり、
致し方ない部分は大きいと思いますが、
大量に!となると
これは問題だと思うんですね。

ケースバイケースではありますが、
私はやっぱり経営者の問題が大きいと思います。

経営者ってひと言で言っても、
これが病院の場合は難しいんです。

企業であれば社長なり、会長なり、創業者なり、
オーナーなりがわりと見えやすいですが、
病院の場合は院長、
理事長などが実質的な経営者である場合は良いのですが、
自治体自身や官僚の天下りなんてケースもあるようですし、
いわゆる最終責任者がわかりにくいケースが
多いように感じます。

これが責任の所在を不明瞭にしており、
怠慢を許してしまう
素地になっているのではないかと思うんです。

こういったケースでも院長なり、
理事長は医師がなっているのでしょうが、
問題は<実質的な経営>を誰がしているのか?であり、
この点が問題の温床になっているような気がします。

個人的にはこの実質的な経営者、
まあ役職名は何でもいいとは思いますが、
ここに医師が付かねばならないと思ってます。

どんな仕事でもやっぱり<現場>が大切であり、
現場を知る人こそが経営をせねばならないと思うんです。

事業は1人の天才が引っ張る事ができると思います。

しかし医療は
そういう訳には行かないと思うんです。

事業と医療を
一緒くたにしてはいけないのではないでしょうか。

冒頭に書いた医師が大量に離職したというケースは、
その大半が実質的な経営者が
曖昧なケースなのではないかと思います。

だから経営者から出てくる方針や
指示が現場と乖離し過ぎていて患者の為に、
地域住民の為に働いてきた医師達が
心身共に疲弊してしまい、
結果的に離職せざるを
得なくなってしまったのではないかと思うのです。

もちろん自治体や天下りの経営者でも
非常に優れた経営をしている方も
どこかにはいるんだとは思います。

逆に医師だからと言って
現場を見ない経営者だっているかもしれません。

ですが、医師が大量に離職するなんてのは
あってはならない事だと思うんですね。

まして離職した医師達に対して
非難の目を向けるなんてのも
筋が通っていないと思います。
きっと他の病院では活躍をするのですから。

病院経営は地元の住民の為にすべきです。

その為には医師、看護師といった
医療従事者を大切にすべきです。

それができない人は、
病院の経営者になって欲しくありません。

少なくとも、
経営者=責任者 であるべきだと思います。

それがハッキリしない病院だからこそ
医師は大量に離職するのではないかと考えております。

医師 大量 離職

仕事柄、医師の退職理由を聞く事が多い私ですが、
今までお会いしてきた先生方の中で、
はあ~?という理由でお辞めになる方とは
出会った事がありません。

皆さん、ごく真っ当な理由で、
なおかつ非常にポジティブな未来を
掲げているように感じています。

医療とは、患者がいて、医療者がいて、
そこに少しの医療機器と薬があれば
成り立つのだと思います。

それが原則であり、
自治体や国家が関わり過ぎると
ロクな事がないような気がするんですね。

そうは言っても
社会の中に患者も医療者も存在する訳でして、
自治体や国家抜きの医療はあり得ないとも言えます。

でも、患者と医療者をなおざりにした医療は
勘弁して欲しいです。

そんな状況では医師も離職するでしょうし、
患者も離れますよね。

ブラック企業などにも共通する問題ですが、
すべては経営者の志なのではないでしょうか。

志なき経営は
いつか破綻するのだと思います…。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

関連記事