1. HOME
  2. ブログ
  3. 医療業界の採用シーン
  4. 医療機関の面接での失敗…。

BLOG

ブログ

医療業界の採用シーン

医療機関の面接での失敗…。

医師 面接 失敗 

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

過去何百件、何千件という面接に同席してきた私ですから、
それなりにノウハウは蓄積していると思います。

今は医師専門でやってますので、
医師と医療機関の面接に同席します。

ごくごく稀に同席できないケースもありますが、
ほとんどの面接で私は同席します。

理由は、その後の条件交渉の際にプラスになる事、
医師と医療機関に
それぞれの理解度を高めて欲しいと思っている事、
リラックスした場にする事で、
お互いに聞きたい事を遠慮せずに
聞けるような環境を作りたいと考えている事、
などがあります。

ビジネスマンの方は面接慣れしている方もいますが、
大抵の医師は面接など
あまりした事がないと思います。

また医療機関側も
企業の人事部のような面接をする訳ではありませんので、
いわゆる面接対策本のようなものは
ほとんど役に立ちません。

時々面接をする事に不安になられる
医師がいらっしゃいます。

そりゃそうですね。
今まで不慣れな事ですから…。

私は面接に同席する際には、
少し前に待合せをして
打合せをするようにしています。

面接対策までは行きませんが、
気楽に挑んで頂きたいので
多少アドバイスをさせて頂いております。

その時にいつも言うのは、
「医師の面接で失敗するのは2種類しかありません。」

「ひとつは自信過剰で、
何でもできるという横柄さを持ってしまうケース。」

「もうひとつはその真逆で、
謙虚過ぎてできる事も
できなさそうな雰囲気を醸し出してしまうケース。」と

このような事を話します。

厳密に言えばいろいろあるのですが、
大まかに言えば
この2種類で間違っていないと思ってます。

そして、その先生の性格などを考えて
応じたアドバイスをする訳ですが、
やはり割合としては後者の方が多いように感じます。

結局の所は、
「自然体」が1番良いと思います。

できる事はできる、
できない事はできない。

できる事は
どれぐらいの経験があるのかを普通に話す。

できない事はやってみたいのか、
やりたくないのか、将来像を普通に話す。

そうする事によって採用する側も、
この先生と一緒にやるなら、
こんなポジションが相応しいだろうとか、
こんな仕事を担当して頂けたら
能力を発揮して頂けるだろうと頭を働かせ、
イメージを湧かせる事ができます。

医師の転職市場は
圧倒的な売り手市場ですから、
余程の事がない限り内定を頂く事はできると思います。

しかし目的は内定を頂く事ではなく、
望む環境で毎日を充実させる事でしょうし、
満足できる待遇を手に入れる事だと思うんですね。

であれば、面接だからといって肩肘を張るのではなく、
ごく自然体で良い話し合いをすべきだと考えています。

どうしても面接の場ではアピールしなきゃとか、
自分の凄さを理解させなきゃとか、
自分の欠点はバレないようにしなきゃとか、
つい考えがちですが、
それでは本当にその病院が自分に合うのかが把握できません。

自分はこういう人間で、
今までこんな事をやってきて、
こういう得意分野を持ちますが、
この辺りは不得手だし、
こういう分野はまだ未経験です。

今後はこんな医療を実現させたくて、
こんな医師になる事を目標としています。

きっと上記のような事が先方に伝われば、
良い話し合いができる事でしょう。

その意味では面接で失敗しないコツって、
ごく自然体で挑む事ではないかだと思います。

医師 面接 失敗 

医師に限らず、
面接って本来は話し合いがベストだと思います。

お互いが自分の長所、短所を伝え、理解し合い、
その上で一緒にやっていけるのかどうかを確認する。

昨今のビジネスシーンでは不景気が続き、
買い手市場である為に採用する側の力が強くなりすぎて、
選ぶ側と選ばれる側が明確になってしまっています。

その結果、本来あるべき理解し合うという部分が
ないがしろになっており、
悲しいかな圧迫面接などが横行しています。

面接担当官はそれで満足かもしれませんが、
これでは良い採用などできる訳がありません。

企業にとっては機会の損失です。

良い人材を逃し、
今まで相当の損失をしている事でしょう。

医師の転職市場では
まだそうなっていません。

ですから良い話し合いをして、
双方の満足度の高い職場を
見つけて頂きたいなあと心から願っています。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

関連記事