1. HOME
  2. ブログ
  3. コンサルタントの見極め
  4. ○○は退職しました…と簡単に言う医師の紹介会社。

BLOG

ブログ

コンサルタントの見極め

○○は退職しました…と簡単に言う医師の紹介会社。

コンサルタント 退職 離職率

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

私のブログをお読み頂いている方は
すでにご存知の通り、
人材紹介業界は
様々な問題を内側に抱えています。

求人を依頼するクライアントや
求職者の皆様のお役に立つ為には、
これからも相当の改善をしていかねばなりません。

その最も足るものに
コンサルタントの問題、
つまり社員の問題があります。

良くも悪くも会社は効率を求め、
システム化を進めています。

その上でコンサルタントを管理し、
業績を上げる事のできない人には
非常に厳しい態度で挑みます。

結果的に離職率の
かなり高い業界になってしまっております。

人様の転職のお手伝いをする
会社の社員が定着しないという
実に笑えない事態になっている訳です。

社員側にも問題がない訳ではありませんが、
突き詰めれば経営者の問題が大きいです。

先日、ある医療機関の経営陣で
採用を担当している方とお話ししていた時の事です。

ある会社のコンサルタントが退職するとの事で、
あいさつに来たらしいんです。

そのコンサルタントはまだ若く、
非常に真面目で、
一生懸命だったらしいのですが、
残念ながらあまり使える人間ではなかったらしい。

ただ人柄は良かったので
仲良くはしていたそうです。

理由はいろいろあるのでしょうが、
そのコンサルタントも非常に悩んでいたとの事。

今の会社のやり方がいいなんて、
これっぽっちも思っていないし、
マニュアル世界で自由度もない。

医師の希望に沿う事はできていないし、
医療機関からはせっつかれていて、
相当に辛いだろうと…。

そうなんですよね…。

私は同業の会社でも
おかしいと思う事は批判しますし、
問題提起します。

コンサルタントに対してだって
不勉強でモチベーションが低く、
何より一生懸命に取り組んでいないような輩は
一刀両断します。

でも中には一生懸命に頑張って、
モチベーションも高くて、
日々勉強しているコンサルタントだっているんです。

ただその会社のシステムの中では、
やりたい事はできない。

医師や医療機関のお役に立とうとすればするほど、
社内の理不尽さが目に付き、
そこと戦わねばならない。

結局退職せざるを得なくなる…。
実に残念です。

そもそも人材紹介業のコンサルタントを志す人は、
とにかく人が好きで、
誰かのお役に立ちたくて、という方が多いのです。

しかし、そういったピュアな心が
必要とされない会社がある…。

こういうケースが多いです。

なので、担当コンサルタントが退職した…なんて時は、
その会社との付き合いを考えるべきかもしれません。

もちろんコンサルタント自身の問題や
何らかの事情がある場合もありますから、
すべてとは言いません。

ただ、人様のお役に立ちたいと
心から思っている人間は、
なかなか辞めないです。
普通は…。

事業は人なり。

すべからく経営者は
ここを出発点としなければならないと思います。

医療業界もそうですし、
人材紹介業界もそうです。
他の業界だってそうでしょう。

経団連の発言などを聞いていても、
そう思います。

最近は人を人と思わない
理解できない発言が多いです…。

経営者が何を目的としているのか?

表面上のきれいな話しではなく、
心底考えている事。
そこが問われている時代だと思います。

人が集まる会社は
ユーザーにとっても魅力があるでしょうから
社員も求職者もクライアントも、
そういう会社を利用して頂きたいなあと
心から願います。

コンサルタント 退職 離職率

「企業において利益は目的ではなく条件である。」

はき違えてはいけませんね。
私も精進します。

それでは、また…。

関連記事