医師のキャリア支援 <転職・クリニック開業> はジーネットにご相談下さい!
ジーネットのSNSでの情報発信

その求人はシステムが選びました…。

2012年12月22日by gnetdoctor0

おはようございます。

医師、看護師の人生の転機でお役に立つ
転職・開業コンサルタントの
ジーネット株式会社の小野勝広です。

今日のタイトルですが、
我が人材紹介業界は、
本当に検証しなければならない事だと思っています。

我々コンサルタントは求職者に対して、
その求職者が望む求人を探し出だし、
ご紹介します。

通常人材紹介会社は、
数多くの求人を持っていますから、
その中から求職者の希望に合う求人を選ぶ訳ですが、
この作業をマッチングと言います。

このマッチングを、
システムが行っているとしたら
どう思いますでしょうか?

ある方の希望条件をシステムに入力しクリックすると
該当するシステムが
判断した求人がズラッと出てきます。

時には体裁を整えて
そのまま求職者にメールができる機能もあります。

年収や休日、勤務場所など
数値や○×で判断できるものは
これで良いかと思いますが、
実際には希望条件の中には
データとして残せない
人情味溢れる内容があるはずなんです。

でもシステムでマッチングしてしまうと
そんなものは全く考慮されません。

だいたい中堅から大手の人材紹介会社では
こういった事が行われているのですが、
メリットは、
①スピーディーに、
②多くの求人を求職者に紹介でき、
③コンサルタントの質が問われない、
という事です。

まあ①はいいとしましょう。

②はケースバイケースですが
まだいいとしましょう。

しかし③はどうっすかね?

要は優秀なコンサルタントを育成するのは、
時間も手間も掛かるしできる社員は給与も高いから、
どんなボンクラでもできるように
システム化してしまえというのが
このシステムマッチングであります。

実際に私は求職者から、
○○社から紹介してもらった求人は
全然希望に合っていないとか、
どこにでもある求人が紹介されているとか、
人として扱われている感じがしない、などの
苦情を耳にしています。

これでいいのか?
人材紹介業界よ!ってなもんです。

もちろん、このご時世、
何らシステムを利用しないのはあり得ないと思います。

求人や求職者のデータを
システムに入れるのは当然でしょうし、
多数の案件があれば
検索システムは充実させるべきと思いますし、
コンサルタントの行動予定や
進捗管理をシステムでする事は良いと思います。

しかし人生の転機である転職を
真剣に考えている求職者や、
良き人材の採用を
心から願うクライアントに対する答えが
システムマッチングでいいのでしょうか?

私はダメだと思います。

求職者の希望。
求人医療機関の応募要項。

ここには数値にできない内容や
○×で判断できないものが多々あります。

そこに目を瞑ってしまう
システムマッチングなど大反対です。

これから人材紹介会社は淘汰されます。

競争激化の為に
敗者は退場せざるを得なくなります。

人の機微がわからない会社は
どうぞ去って下さい。

それが求職者やクライアントの為でもあります。

人材紹介業界 求人システム マッチング

あらら~、
また業界の恥部を書いてしまいました…。

その内、私は業界から弾かれるかもしれませんね~。

でも、紹介された求人を選んだのは
担当コンサルタントではなくシステムですなんて、
求職者に対する冒涜だと思うんですよ。

まして、そんな紹介のされ方をされると知ったら、
求人側だってその会社への依頼を
取り消したくもなるのではないでしょうか。

人と人。

その間を取り持つ為に必要なのは、
効率やシステム化だけではなく、
ヒューマニズム溢れる姿勢や態度、
行動なのではないかと思います。

それでは、また…。

*ジーネットTV 動画も続々アップしています!

医師キャリア相談

<ジーネットの他の情報提供サイトもご覧下さい!>
ジーネット株式会社 コーポレートサイト<NEW>
医療ビジネス健全化協議会が運営する医師向け情報提供IBIKENサイト
ジーネット株式会社 <公式> twitter
ジーネット株式会社 <公式> facebookページ

いいね!と思ったら下記もポチ!
      にほんブログ村 転職キャリアブログへ

診療圏調査バナー

 

 

 

 

この記事をSNSでシェアする

Leave a Reply

Your email address will not be published.